ポルシェが「4気筒エンジンに回帰」した事情 これは世界的に避けられない流れだ

拡大
縮小
ポルシェにとって重要な意味を持つ「回帰」だ

ポルシェの名前を聞いてピンと来ない人は少数派だろう。イタリアのフェラーリと並ぶドイツ生まれのスポーツカーだ。スバル(富士重工業)と同じく「ドドドド・・・」という独特の音を奏でるエンジンが水平対向型だということは、ちょっとクルマに詳しい人なら知っている話のひとつである。

ボクスター/ケイマンが4気筒エンジンに転換の衝撃

そのポルシェがこの春に発表したニュースが自動車業界内外で話題になっている。オープンカーの「ボクスター」とクーペの「ケイマン」という2タイプで構成する「718シリーズ」に、同モデルでは初となる4気筒エンジンを投入したことだ。

1996年の登場以来、ポルシェのエントリーモデルであるボクスター/ケイマンは6気筒エンジンを搭載し続けてきた。排気量は若干小さいものの、基本設計はフラッグシップモデルである「911」のそれと同じであり、生産上のスケールメリットを享受するとともに「911の弟分」としての認識を得ることで、それまでのポルシェでは911以外で唯一のヒット車種となっていた。

新型ボクスター、ケイマンが採用する水平対向4気筒エンジン

そのボクスター/ケイマンが4気筒エンジンに転換した。排気量2リッター・ターボエンジンの標準モデルで300馬力(ps)、同2.5リッター・ターボエンジンのSモデルで350psという最高出力は、従来型を25~35ps上回り、少し前の「911カレラ」に匹敵する。コンパクトなスポーツカーには十分すぎるほどの値だ。それでいながらCO2排出量および燃料消費の点では、従来型より14%も低い水準を達成しているという。

今回モデルネームに冠した「718」とは、4気筒水平対向エンジンをドライバーの背後に搭載し、1958年のル・マン24時間レースで軽量クラス優勝を遂げたレーシングカーの車名である。燃費を向上させながらパワーアップも実現、とはいいことづくめに思える新型。ところが実は一部の愛好家からは、「やはりポルシェも時代の波には逆らえなかったんだな……」と、全面的に歓迎されているわけでもないようなのだ。

次ページ多気筒=大排気量=高性能という概念
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT