ホンダ「NSX」が価格2倍で復活を遂げる理由

スポーツカーの存在意義はどこにあるのか

ホンダの新型「NSX」は2月25日、アメリカでの受注を開始する(撮影:風間仁一郎)

あの名車の復活が近づいている。

ホンダはアメリカで2月25日(現地時間)から新型「NSX」の受注を開始する。アメリカで販売する高級車ブランド「アキュラ」のラインナップのひとつとして、先行してデトロイトショーなどでコンセプトモデルを発表。15万6000~20万5700万ドルの価格も明らかになっていたが、具体的な販売が動き出す。

NSXの名前を知らない自動車好きはほぼ皆無だろう。日本では1990年9月にホンダが初代モデルを発売したスポーツカーだ。低く流麗なデザインに加え、パワフルな大排気量エンジン、オールアルミボディ、運転席後方にエンジンを配置して後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)など、和製スーパーカーと呼ぶに相応しいモデルだ。

新型「NSX」、早ければ年内に日本へ

初代NSXは2005年末まで生産され、2006年に販売を打ち切っていた。それから約10年。2代目NSXは、ツインターボエンジンと3モーターを併用するハイブリッド技術をはじめ、ホンダの最新鋭技術の数々を引っ提げて登場する。まずはアメリカで今春に量産、納車が開始され、追って世界各国へ展開。日本にも2016年内に導入される。

2代目NSXで目を見張るのは今の為替レートで換算して約1750万~2300万円で設定された車両価格だ。初代NSXは徐々に値上がりしていったものの登場時は約800万円だったので、26年前の2倍以上となる。その間の物価上昇を加味したとしてもかなりの値上がりといっていいだろう。というのもバブル期から比べて大衆車の価格が2倍になったという話は聞かない。ここに今の日本のスポーツカーを読み解くヒントがある。

次ページ相次ぐ新型スポーツカーデビュー
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。