アルファロメオ復活のFR「ジュリア」の正体

豪快な加速と野蛮な音質で、意のままに走る

比べて、日本人用に用意されたガソリン仕様のプリプロダクション個体は、実用域での使い勝手も十二分で、パフォーマンスに不満はなく、よく走る。クルマの軽さが生かした走りだ。官能面において、昔のツインスパークレベルを期待するとがっかりするが、それでもディーゼルよりは気持ちいいし、洗練されていた。個人的に現時点では、ガソリン仕様を勧めたい。

内外装の見映えは問題あり?

性能面での不満はほとんどない。けれども、内外装の見映え質感には、いろいろと文句を付けたくなった。特に、アルファロメオは、このジュリアでドイツプレミアム御三家と肩を並べる意向のはず。ジャガーやキャデラックといった“敵ながら同志”のレベルを考えると、ちょっとマズいと言わざるを得ない。

クワドリフォリオには、レザーやアルカンタラがふんだんに活用されているのでまだいいとして、ノーマルグレードのインテリア質感演出には、もうひと工夫が欲しかった。ダッシュボードフェイシアの型押し加工など、いかにも古くさい。もっとも、それがクラシコ・イタリアーノの着こなしだと言われれば、それまでだけれども。

近い将来、このジュリアには、高性能直4ターボグレードや、マセラティと同じV6を積んだグレード、さらには派生モデルも予定されている(クーペが先かワゴンが先か?おそらくはアメリカ市場を睨んでクーペだろう)。さらには、もうひとクラス上のサルーンに、大小2つのSUVも待ち構えている。これらが成功した暁には、スポーツモデルの6Cがデビューするだろう。それにはきっと、ジュリア用のフェラーリ製V6ツインターボが積まれるはず……。

妄想だけでこうもワクワクできる。それもまた、アルファロメオというブランドならではだろう。

(文:西川 淳)
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT