レクサス超高級クーペ「LC」は何がスゴいか

社内組織刷新の意図も読み解く

日本で発売を控える超高級クーペ「LC500」

レクサスに新車種が加わる

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」に新しい車種が加わる。2017年春ごろに日本で発売を控える超高級クーペ「LC」だ。2012年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカー「LF-LC」を市販モデルに落とし込んだ意欲作である。そのLCが5月19日、日本で初めてお披露目された。

あえて、”意欲作”と書いたのには理由がある。一般的にコンセプトカーは、市販モデルと比べると制約が少ないので、「LF-FC」のようなスポーツカーでは、よりスポーティな外観に魅せるために、非現実的なまでに車高を低め、幅を広くしていることが多い。実際、「LF-FC」も市販モデルより約40mmも低く、車幅も2mほどあったという。これに対して、市販版は4760☓1920☓1345mmと、より現実的なサイズになっている。

LCの開発を担当したチーフエンジニアの佐藤亘治氏は、走行性能に特にこだわったと話す。

「リニアな応答性と、クルマとの一体感を重視しました。心を刺激するV8サウンドを奏でるエンジンに10速ATを組み合わせ、Dレンジのまま走っても、気持ちのよい変速を目指しました」

「LC500」の内装

ガソリンエンジンモデルの「LC500」では、最高出力475馬力/最大トルク530Nmを発揮する排気量5リッターV8エンジンを”フロント・ミド”に搭載し、10速ATを組み合わせている。フロント・ミドとは、重量物であるエンジンを前の車軸より後ろに配置することであり、重いエンジンが車体の重心に近づき、クルマの曲がりやすさにつながる。

また、人間の座る位置も低めて、重心を低くすることで、ドライバーに正確なインフォメーションが伝わるようになる。いわゆるハンドリングのいいクルマ、思いどおりに操れるクルマ、といったことにつながる。さらに、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)やアルミ素材などの軽量素材を採用し、100キログラムものボディの軽量化も施している。足回りには、前:ハイマウント・ダブルウィッシュボーン、後:マルチリンク式を採用し、剛性の向上をはかった。

次ページハイブリッドモデルの「LC500h」の特徴
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT