トヨタ「C-HR」は走りもスタイルも規格外だ

渾身の新型SUVが狙うのは「先駆者」の復権

トヨタ自動車の新型SUV「C-HR」に注目が集まっている(写真:山本 シンヤ)

トヨタ自動車が3月上旬にスイスで開かれたジュネーブモーターショーで世界初公開した「C-HR」が話題になっている。クロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)と呼ばれるジャンルに属する新型車だ。2016年内にも日本をはじめとする世界の主要市場へ投入するとみられている。

C-HRはむしろ「量産モデルのほうがカッコいい」

5ドアながらも3ドアを錯覚するようなプロポーション

トヨタのプレスカンファレンスは3月1日11時45分からの予定だったが、15分刻みで行なわれる各メーカーのプレスカンファレンスが遅れ、開始されたのは30分後の12時15分。筆者は早めに席を確保したが、開始直前にトヨタブースは報道陣であふれかえっていた。ジュネーブショーには過去10年近く通っているが、トヨタブースがここまでにぎわっているのを見たのは初めてである。

実はこのC-HRは2014年のパリモーターショーで“純粋”なコンセプトモデル、2015年のフランクフルトショーでは“量産に向けたアップデート版”のコンセプトモデルがお披露目されてきた。

どちらのモデルも、クーペとSUVを融合させた「全天候型スポーツ」といったイメージで、アグレッシブなフロントマスクや力強いスタイルは特徴だったが、「このまま市販化はないでしょ!!」と思っていた人が多かったと思う。

ボディサイズは「RAV4」よりも若干コンパクト

そして今回の2016ジュネーブモーターショー。報道関係者がかたずをのんで見守る中、披露されたC-HRには、筆者を含め多くの人が驚きを見せていた。ほぼこのまま市販されるとみられるが、「コンセプトカーから量産モデルになると、最初の勢いがなくなりガッカリ」といわれるケースが多い中、C-HRはむしろ「量産モデルのほうがバランスが良い!!」「量産モデルのほうがカッコいい」という意見が多く聞かれたからだ。

次ページC-HRを語る上で外せないSUVの歴史
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT