市場はアナログからデジタルへ一気に変わる

「APSカメラ」と「ネットMDウォークマン」と「ダブル購読」

いちばんわかりやすい例が新幹線だ。新幹線開通後、東京から大阪へ鉄道で移動する人はほぼ全員、新幹線を使うようになった。その理由を「高速化したから」と説明するだけでは不十分だ。「在来線特急がなくなったから」なのである。

同様に、大多数の人が携帯電話を持つようになったのは、公衆電話とテレホンカードの減少と関連している。携帯電話を持たなければ、不便な状態に追い込まれてしまったのだ。近所のDPE店がなくなったため、デジカメを購入し、それまで大事にしていたフィルムカメラをしまいこんだユーザーもいるだろう。新しい技術によって市場が塗り替えられるとはそういうことだ。完膚なきまでに塗り替えていくのである。

本屋が減ると電子書籍が普及

本についても、近所の本屋がなくなればネットで買わざるをえなくなる。ネットで買えば価格を比較してアマゾン「キンドル」やソニー「リーダー」などの電子書籍で済ませる人も増えていく。本屋の減少が続いている以上、たとえ読みにくかろうが、電子書籍が伸びるのは必然なのである。

出版社からの注文が減れば印刷工場は減少し、印刷コスト、製本コストも上昇し始める。先見の明のある大手印刷会社は、かつての富士フィルムのように一気にデジタルシフトを進め、紙の印刷を受け付けなくなるだろう。最終的に紙の本は嗜好品になっていく可能性が高い。

日本の大手自動車メーカーが推し進めるハイブリッド車の運命を決めるのも、技術力というより、利便性との兼ね合いだ。今はガソリンスタンドで給油するのに苦労をしないが、インフラの状況が変われば、好むと好まざるとにかかわらず、電気自動車を選ばざるをえなくなる。

そんな時代がいずれはやってくる。もちろん、自動車業界の人はみんなそのことをわかっている。「わかっちゃいるけど」と悠長に構えていると、大ヤケドをしかねない。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT