ダメンズ確定!在原業平の破天荒すぎる恋愛

平安のゴシップ誌「伊勢物語」の和歌は強烈だ

昔の物語が主人公の説明から始まるのは一般的だが、この作品は例外的に唐突なスタートを切っている。元服、つまり成人式を経たばかりの、フェロモン絶賛分泌中の若衆がいきなり登場。「うひかぶり」(初冠:男子の成人式で、初めて髪を結い、冠をつけること)という言葉は作品全体の性格を早くも明らかにしてしまう、恋愛の第一関門を通過するための必要不可欠な合言葉なのだ。まさに、大人の世界…。

伊勢物語は、誰によっていつ頃書かれたかはっきりしないが、一人の作者ではなく、色々な人が手を加えてできた作品だという説が濃厚。各章が独立した短い物語になっており、さまざまな愛欲図が描かれている。

あまりに節操がない「昔をとこ」

多くの段に共通する主人公の「昔をとこ」(略してムカオト)は、作中に紹介されている和歌や歴史的なエピソードから、在原業平だと推測されている。作中では彼の(本当かも知れない話も含めて)数え切れないほどのアバンチュールが暴露されている。

ムカオトは間違いなくハンサムなプレイボーイだが、同時にどうしようもないダメンズである。初段では早くも姉妹に手を出し、読み進めるにつれて、年上、年下、上品なお姫様に女中、旅先の見知らぬ女、隙間から姿をチラ見した色好みの女――と情事を重ねていく。はっきりいってまったく節操がない。

中でもムカオトのチャラキャラ全開エピソードの中では、都に住んでいたムカオトが身分の高い女と恋に落ち、駆け落ちしてしまう「芥川」という話が有名だ。ここでは、2人で逃げてきた芥川のほとりで雨宿りをしようと、男が女を蔵に押し込むが、そこに鬼が来て、女を食ってしまう。一瞬ややホラーのように思えるが、鬼は本当の鬼ではなく、女を連れ戻して来た親戚だったようだ。

この事件のせいで、都でのムカオトの評価はガタ落ちしてしまう。が、そこはムカオト。「そうだ、東国にしばらく行ったらみんな忘れてくれるっしょ」と思い立って旅に出る。さすがのチャラさである。

そんなチャラ男エピソードに尽きないせいか、業平が数多く和歌を寄せている「古今和歌集」を編纂した紀貫之はムカオトこと業平について「その心余りて、言葉足らず(情熱こそあるけど、言葉はいまいちだな…)」と厳しい評価をしている。

次ページムカオトは、なぜこんなに恋愛豊富なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT