「本当に就職率の高い大学」100校ランキング

理系は就職有利?上位20校で11校は工科系

ちなみに、これらの難関総合大学は、実就職率が飛び抜けて高くないが、大企業の就職者に注目すると、実就職率ランキング上位の一般的な大学と大きな差がある。

慶應義塾大は、みずほフィナンシャルグループ155人、三菱東京UFJ銀行116人、東京海上日動火災保険78人など、前述の著名400社への就職者が卒業生の46・4%に当たる3151人だった。

早稲田大の就職者が多い企業は、三菱東京UFJ銀行126人、みずほフィナンシャルグループ103人、東京海上日動火災保険77人など。同大の著名400社への実就職率は36・1%だが、就職者数は3997人と多い。旧帝大では、大阪大(35・5%)と名古屋大(32%)の著名400社への就職実績が高い。

私立総合大学は金融系に強い

実就職率ランキングに戻ろう。MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)と関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)に注目すると、51位に関西学院大、55位に青山学院大が入るなど、中央大を除く全大学がランクインした。中央大は公務員志望者が多く、受験準備の学生が就職者数にカウントされないことなどが、実就職率が低い要因となっている。

MARCH、関関同立といった私立の総合大学は、銀行や保険などの金融系に強い。15年春の3大メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ)の総就職者の内、MARCHと関関同立の卒業生は1400人以上で、総就職者数の3割を占めている。

就職力は大学の人材育成力をみる重要な指標。実就職率や就職先など、多面的な視点から大学の実力を見極めたい。

次ページ「実就職率」ランキング 1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。