工藤公康「理想のリーダー論などありません」

"後悔だらけ"の野球人生から導き出した答え

選手にはTPOに応じて話をして、出てくる答えによって待つこともあれば、すぐに「違うんだよ」と話すときもある。基本的に「教えてやる」というような考えはないですね。

プロ野球って「仕事」なんですよ。でも、仕事という認識を持ちにくい。だって、プロ野球選手にとっては、子どもの頃からやっていることはずっと変わらないので。学校を出て就職して、イチから何か始めれば仕事と割り切れるかもしれないけれど。

――だから「プロ」になりにくいと。

プロ野球選手にとっては、自分の体が商品みたいなもので、その商品がいつまでも同じではいつか売れなくなる。1年大ヒットしても2年目大ヒットするかわからないし、つねに新たな自分を作って、先に進んでいかなければいけません。

でも野球選手って、いい成績が出ると安心しちゃって、次の日ダメになる。安心させちゃいけないんですけど、「たかが1年で安心してんじゃないぞ」とか言ったら、なんだこいつと思われちゃうでしょ(笑)。

現実は「選手みんなが横一線」ではない

――言わないわけですか?

僕もそうですけど、経験しないとわからないことが多いので。

――そして自分で考えようと。

そう、自分で考える力をつけなきゃいけない。でも未来ってなかなか見えなくて、自分がどうなるかわからないという不安とも戦わなきゃいけない。選手はいろんなストレスを抱えながら野球をやっています。

だから話をすることで、そのストレスを少しでも取り除いてあげたり、解決の方法があると伝えたりできれば、と。いろいろ話して「やってみる? どう?」と聞く、「やれよ」ではなくてね。

――上から言わないように気を付けている、ということでしょうか。

上から言うこともありますよ。時間のある選手がいれば、時間のない選手もいるので。よくほかの監督さんが「キャンプに入ったら横一線」と言うけれど、うちのチームは横一線じゃない。実績がある者が必ず上にいる。長くやってきて、なおかつ実績を残している者が必ず上にいる。

そういう意味では、しっかり自分というものを作り、時間のない人は早くその場にたどりつくようにならないと、そこで終わってしまうので、そういう人間には厳しく言うときもあります。

でも、厳しく言って見放したりはしない。厳しいことを言ったからこそ、ちゃんとフォローするように心がけています。

次ページ自信をつけられる場所は試合の中にしかない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT