セ・リーグの監督が全員40代になった衝撃度

世代交代か一時的ブームかは1年後にわかる

ノック練習を行う巨人の高橋由伸監督。リーグ内最年少監督だ(写真:日刊スポーツ)

プロ野球界の勢力図が変わった。セ・リーグでは、巨人、阪神、DeNAで監督交代が断行され、全員が40歳代という珍しいシーズンを迎えることになったのだ。

東京ヤクルトスワローズ 真中 満 45歳
読売ジャイアンツ 高橋由伸 40歳
阪神タイガース 金本知憲 47歳
広島東洋カープ 緒方孝市 47歳
中日ドラゴンズ 谷繁元信 45歳
横浜DeNAベイスターズ アレックス・ラミレス 41歳

 

リーグの監督全員が50歳未満というシーズンは、1980年セ・リーグ以来、実に36年ぶりのことだ。当時、巨人・長嶋44歳、阪神・ブレイザー48歳・中西47歳、広島・古葉44歳、中日・中44歳、大洋・土井47歳、ヤクルト・武上39歳の顔ぶれだった。

注目はやはり巨人高橋、阪神金本

特に今シーズンは、東西の人気チームである巨人、阪神の”刷新”が注目されている。巨人はポスト原に松井秀喜氏への待望論が根強かったが、コーチ兼任だった高橋監督が現役に余力を残しながらの引退で、リーグ内最年少にしてトップの座に就いた。

阪神に至っては、1軍監督は指導者を経験した人材起用を重んじていたが、この方針を変更。岡田、真弓、和田と1985年に達成した日本一メンバーの基本路線が続いたが、指導者未経験の金本氏の起用に舵を切った。専任の指導者経験のない監督は、1975年就任の吉田義男氏までさかのぼってない。豊富な戦力をそろえながら10シーズンも優勝から遠ざかったことが理由にあることはまちがいない。

次ページフロントの力も大きい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT