セ・リーグの監督が全員40代になった衝撃度

世代交代か一時的ブームかは1年後にわかる

「監督の選定に関して年齢、経験は関係ない」と言うのはプロ野球経営評論家の坂井保之氏だ。かつて、ロッテオリオンズ、西武ライオンズ、ダイエーホークス(現ソフトバンク)などで、球団代表を務めて修羅場をくぐってきた論客である坂井氏は、「フロントの資質」について言及する。

ベテランにこだわったパ・リーグ

「誰を監督に据えるかが問題ではなく、どういうチームを作るか。つまり、球団フロントがどのようなビジョンを描いているかだ。その設計図に合った監督であれば年齢、キャリアの有無は関係ない」

その点、12球団最年長の梨田昌孝氏を招聘した楽天・星野仙一副会長は「ベテランの安定感か、リスクを覚悟で若さをとるかの選択だったが、うちは我慢のできる監督が必要だった」と語った。実際、セ・リーグの平均年齢が44歳なのに比べて、2球団で入れ替わったパ・リーグ監督の平均年齢は54歳だ。

福岡ソフトバンクホークス 工藤公康 52歳
北海道日本ハムファイターズ 栗山英樹 54歳
千葉ロッテマリーンズ 伊東 勤 53歳
埼玉西武ライオンズ 田辺徳雄 49歳
オリックスバファローズ 福良淳一 55歳
東北楽天ゴールデンイーグルス 梨田昌孝 62歳

 

楽天の梨田監督(右)は監督の中で唯一の60代(写真:日刊スポーツ)

セ・リーグでは団塊の世代どころか、50歳代の監督候補といえる人材までが"飛ばされた"感が強いが、パ・リーグはある程度のベテランにこだわった。近鉄、日本ハムで2度のリーグ優勝を果たしたベテラン、梨田監督は「まだ年寄りにも力があること、意地をみせたい」と力を込めた。

名監督の定義は「勝てる監督」。いくら人柄が良く人望を集めても、チームを勝ちに導けずに下位に沈んでは、采配能力を問われる。勝つことが最大の目的であることに変わりはない。世代交代なのか、それとも一時的ブームか。これまで以上に監督のリーダーシップや采配に注目したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。