工藤公康「理想のリーダー論などありません」

"後悔だらけ"の野球人生から導き出した答え

「リーダー論などない」と話す工藤公康監督。今その「頭の中」にあるものとは
暖かい日もちらほら出始め、プロ野球界はいよいよ春季キャンプ真っ盛りだ。
監督就任1年目にして、福岡ソフトバンホークスを優勝に導いた工藤公康監督。2年目の戦いを前に、強い組織づくりや目標設定、選手とのコミュニケーション法などについて、日々どんなことを考えているのか。
インタビューの冒頭、「ビジネスマンに向けた話を聞きたい」と切り出すと、「僕、ビジネスの話は苦手なんですよね」と大らかに笑う工藤氏。その場は一瞬にして和やかな空気に包まれた。

後悔だらけの野球人生だった

――就任1年目にしてチームを日本一に導いた功績は大きいと思います。工藤さんが理想とする監督像やリーダー論について聞かせてください。

うーん、理想の監督像も理想のリーダー論も、ないですね。

――えっ、ないのですか!?

ないですね。ただ、僕が思っているのは、選手がケガをせずに長く野球をやってほしいということ。僕は長く現役生活を送ったけれど、後悔だらけの野球人生でした。

それに、すごい選手を数多く見てきた一方で、それ以上にやめていく選手たちを見てきた。やめるときに泣いて「何で僕がクビなんですか」と言う人、「こんな球団なんて」みたいな言い方をしてやめていく人……。選手それぞれの事情があるのですが、最終的には皆、できることならもう1回野球をやりたいと言うわけですよ。

だから、選手たちには、やるべきことはやってほしい。今は練習がきつくて苦しくても、後々「もっとこうしておけばよかった」と後悔してほしくないから。

次ページチームを作るのは監督ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。