工藤公康「理想のリーダー論などありません」

"後悔だらけ"の野球人生から導き出した答え

「リーダー論などない」と話す工藤公康監督。今その「頭の中」にあるものとは
暖かい日もちらほら出始め、プロ野球界はいよいよ春季キャンプ真っ盛りだ。
監督就任1年目にして、福岡ソフトバンホークスを優勝に導いた工藤公康監督。2年目の戦いを前に、強い組織づくりや目標設定、選手とのコミュニケーション法などについて、日々どんなことを考えているのか。
インタビューの冒頭、「ビジネスマンに向けた話を聞きたい」と切り出すと、「僕、ビジネスの話は苦手なんですよね」と大らかに笑う工藤氏。その場は一瞬にして和やかな空気に包まれた。

後悔だらけの野球人生だった

――就任1年目にしてチームを日本一に導いた功績は大きいと思います。工藤さんが理想とする監督像やリーダー論について聞かせてください。

うーん、理想の監督像も理想のリーダー論も、ないですね。

――えっ、ないのですか!?

ないですね。ただ、僕が思っているのは、選手がケガをせずに長く野球をやってほしいということ。僕は長く現役生活を送ったけれど、後悔だらけの野球人生でした。

それに、すごい選手を数多く見てきた一方で、それ以上にやめていく選手たちを見てきた。やめるときに泣いて「何で僕がクビなんですか」と言う人、「こんな球団なんて」みたいな言い方をしてやめていく人……。選手それぞれの事情があるのですが、最終的には皆、できることならもう1回野球をやりたいと言うわけですよ。

だから、選手たちには、やるべきことはやってほしい。今は練習がきつくて苦しくても、後々「もっとこうしておけばよかった」と後悔してほしくないから。

次ページチームを作るのは監督ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT