工藤公康「理想のリーダー論などありません」

"後悔だらけ"の野球人生から導き出した答え

――監督以外にやりたいことがあるんですか?

いっぱいあります。

――何ですか? 野球関連で?

いや、ログハウス作りたいとか、畑を作りたいとか、キャンプ場を作りたいとか(笑)。僕、アウトドア派なので。

――そっちですか(笑)。

そういうのも好きだし、野球界のことを考えれば、子どもたちが野球を好きになり、もっと野球をやってくれるように普及活動を続けていきたい。監督になる前にもやっていましたし。

野球を好きになってくれた子どもたちにどう尽くすか

――各界で活躍する人を小・中学校に招く「夢の課外授業」の賛同者代表も務められていますね。

気取るつもりはないですけど、子どもたちが未来であるということは心に刻んでおきたい。今を作っているのは大人だけど、未来は子どもたちが作っていくのだから。

その中で、野球を好きになってくれた子どもたちに野球界がどう尽くしていくか、そこをしっかり考えていかないと、10年、20年後に、すごく後悔すると思います。

――最後に今シーズンに向けた意気込みを聞かせてください。

今シーズンの目標は3連覇。ファンの方々の願いは3連覇しかないでしょう。ファンの皆さんが望むことを僕らが叶える、これが野球にとっては大事ですから。

(撮影:長﨑 辰一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT