ホークスの圧倒的強さを支える「3軍」の正体

選手が自然と育つ仕組みがそこにあった

ソフトバンクホークス2連覇に貢献した柳田悠岐選手も「3軍」の経験者だ(写真:共同通信)

90勝49敗4引き分け、2位・日本ハムに12ゲーム差。今季、圧倒的な強さでパシフィック・リーグのレギュラーシーズンを制したのは、福岡ソフトバンクホークスだった。

育成システム、「3軍制度」の構築

プロ野球選手会によると、ソフトバンクの支配下登録選手(59人=外国人を除く)の平均年俸は5798万円。これは巨人の6893万円に次ぐ球界2位の金額だ。外国人選手は李大浩、サファテ、スタンリッジ、ウルフと、他球団で実績のある選手を高額な年俸で獲得している。戦力補強に資金を投入していることが優勝につながったことは間違いないが、それだけでは片付けられない要因がこのチームにはある。

それはプロ野球界唯一の「3軍制度」による、育成システムの構築だ。

プロ野球は「支配下選手登録」という制度があり、1軍の公式戦に出場できる選手の上限が70人と決まっている。2005年から「育成選手制度」ができ、育成を目的とした支配下登録を目指す人材を獲得できるようになった。

北海道日本ハムファイターズのように育成選手を獲らないどころか、支配下選手も65名程度に抑える少数精鋭のチームもあるが、ソフトバンクは逆の考え方。2015年には12球団最多の20人の育成選手が所属していた。支配下登録の70人と合わせて90人の選手がいることになり、当然、1軍・2軍だけではあぶれる選手が出てきてしまう。

そこで、ソフトバンクは球団執行役員を務めた小林至氏(2014年で球団を退団し、現在は球団アドバイザーを務める)が中心となり2011年から「3軍制度」を立ち上げた。ちなみに、広島東洋カープにも組織上、「3軍」があるが、これは主にリハビリ中の故障者が所属する。現在、3軍単体で試合を行なっているのはソフトバンクが球界唯一だ。

3軍監督を務める小川史氏は、こう語る。

「実戦経験を多く積ませられること。これが存在意義ですね」

ソフトバンクの3軍は、2軍の「ウエスタン・リーグ」のような公式戦はなく、シーズン中は国内独立リーグ、社会人、大学、韓国プロ野球といったチームと「非公式戦」を年間70~80試合戦う。

次ページ3軍の意義は「実戦経験」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT