なぜ工藤監督は、茶髪もガムも禁止するのか

メジャー帰りの松坂投手も特別扱いしない

松坂投手を出迎える工藤公康ソフトバンクホークス監督。新監督が打ち出した意外な方針とは?(写真:河南真一)

ソフトバンクホークスの評判がすこぶるいい。キャンプ、オープン戦を通じて順調な仕上がりをみせるチームを率いるのは工藤公康監督だ。

工藤監督が打ち出した「意外な方針」とは?

昨季日本一の「ディフェンディングチャンピオン」にスター監督誕生で、たちまち〝パ・リーグ熱〟は沸騰点に達したようだ。

その手綱さばきに注目が集まるが、新監督がまずもって打ち出した方針は、技術向上でなく、意外にも規律を遵守することだった。

新生ホークスでは「茶髪」「ガムかみ」「つばはき」「ネックレス」はNGになった。その理由を問われた指揮官の答えは明解だった。

工藤監督は「ぼくがユニホームを脱いだ後の3年間で学んだ大事なことです。プロ野球選手である前に社会人ですから」といって説明を加える。

「サラリーマンが営業にいったときに茶髪だと、先方さんの印象が違うじゃないですか。会社でガムをかみながらパソコンの画面に向かっているのもどうかと思います。つばを吐くのも、ユニホームからネックレスがでるのも、みっともないです。できればヒゲもそろえてほしい」

次ページ現役を引退して、ようやくわかったことがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。