「体温上げて万病予防」は、間違った発想だ

そもそも「免疫力の強さ」ってどう測るの?

今日は「体温」と「免疫力」の関係について考えてみます(写真:ゆう / PIXTA)

「体を温めて免疫力を上げれば、万病を予防できる」。そんな健康法を耳にしたことがあるかもしれません。現代人は普段の体温(平熱)が昔に比べて低く、体を温めれば免疫力も上がるはず、という考え方のようですが、この話は正しいのでしょうか?

まず、体温の正しい測り方についてまとめておきましょう。測り方がばらばらでは、議論もかみ合わないからです。口の中や肛門で測る方法もありますが、普通はワキの下で測りますね。

まず体温計の先端をワキの下の中央に当て、腕でしっかり押さえて決められた時間、測ります。入浴や食事の直後は避け、体を安静にし、ワキの下の汗をぬぐっておくことも大切です。昔の水銀式体温計では、5~10分かけないと正しい値が得られません。

欧米人は日本人より平熱が高い?

このような注意をした上で、体調が万全なときに測った値が「平熱」です。日本人の平熱がどれくらいなのかについては、実はあまり信頼できるデータがありません。1957年に発表された少し古いデータによれば、多くの人が36.9±0.3℃の間に入るのだそうです。

「現代人は昔より平熱が低くなっている」「欧米人は日本人より0.7℃くらい高いから、冬でも薄着で大丈夫」などという説もありますが、真偽のほどは定かでありません。米国で発表されたデータによれば、彼らの平熱は決して高くなく、ほぼ日本人のそれと同じ値になっています。

それでは次に、「平熱は自分の努力で上げたり下げたりできるものなのか」を考えてみましょう。

次ページ平熱が低いと、風邪や肺炎になりやすい??
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。