「体温上げて万病予防」は、間違った発想だ

そもそも「免疫力の強さ」ってどう測るの?

今日は「体温」と「免疫力」の関係について考えてみます(写真:ゆう / PIXTA)

「体を温めて免疫力を上げれば、万病を予防できる」。そんな健康法を耳にしたことがあるかもしれません。現代人は普段の体温(平熱)が昔に比べて低く、体を温めれば免疫力も上がるはず、という考え方のようですが、この話は正しいのでしょうか?

まず、体温の正しい測り方についてまとめておきましょう。測り方がばらばらでは、議論もかみ合わないからです。口の中や肛門で測る方法もありますが、普通はワキの下で測りますね。

まず体温計の先端をワキの下の中央に当て、腕でしっかり押さえて決められた時間、測ります。入浴や食事の直後は避け、体を安静にし、ワキの下の汗をぬぐっておくことも大切です。昔の水銀式体温計では、5~10分かけないと正しい値が得られません。

欧米人は日本人より平熱が高い?

このような注意をした上で、体調が万全なときに測った値が「平熱」です。日本人の平熱がどれくらいなのかについては、実はあまり信頼できるデータがありません。1957年に発表された少し古いデータによれば、多くの人が36.9±0.3℃の間に入るのだそうです。

「現代人は昔より平熱が低くなっている」「欧米人は日本人より0.7℃くらい高いから、冬でも薄着で大丈夫」などという説もありますが、真偽のほどは定かでありません。米国で発表されたデータによれば、彼らの平熱は決して高くなく、ほぼ日本人のそれと同じ値になっています。

それでは次に、「平熱は自分の努力で上げたり下げたりできるものなのか」を考えてみましょう。

次ページ平熱が低いと、風邪や肺炎になりやすい??
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT