「有給が取れて年収も高い会社」トップ200社

有休取得15日以上が対象、1000万円超は21社

横浜市にある「ヒューリックみなとみらい」。1位のヒューリックは首都圏を中心に全国に約250のオフィスビルや高齢者住宅などのを所有し、賃貸事業などを展開している (写真:ユフォト/PIXTA)

就活生が気になる項目の1つとして休暇があり、彼らは休暇が取りやすいかどうかをチェックしている。逆にいうと、「休暇がとりづらい」会社は敬遠されているようだ。

厚生労働省の「平成31年就労条件総合調査」では有給休暇の年間平均取得日数は9.4日、有給休暇取得率は52.4%と、前年と比較しそれぞれ0.1日増、1.3ポイント増になっている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

国や会社も、働きやすい環境を整備し、ワーク・ライフ・バランスの対応を進めた結果、有給休暇の取得日数は、少しずつではあるが、増加傾向にある。ただ、政府は2020年に有給休暇取得率を70%まで引き上げることを目標にしており、まだまだ道半ばだといえるだろう。

では、個別の企業で有給が多くとれる会社はどこか? さらに、給料などの待遇がいい会社でそうした企業がないか、探している就活生もいるだろう。

就活生は休暇が取りやすい会社を望む

そこで、今回、有給休暇取得日数が15日以上の会社をピックアップし、それらの会社を平均年収順に並べ、「年収が高く有給休暇が取りやすい会社ランキング」を作成した。

なお、同順位の際は有給休暇取得日数順に並べている。有給休暇取得日数は2018年度のデータのため、2019年4月より施行された年5日の有給休暇取得義務化の影響はない。

次ページ年収1000万円を超える企業は21社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT