「世界のKitchenから」のマーケティング整合性に学ぶ /それゆけ!モスバーガー /キムタクCMに学ぶ企業戦略《それゆけ!カナモリさん》

 

■3月12日 キムタクCMに学ぶ企業戦略

 近頃、気になるニュースには「価格」にまつわるものが多い。先の見えない経済環境の中で、消費者の財布のひもは固いのだ。そんな中、キムタクが出演する意外なCMが、今日の企業の取るべき戦略の方向性を示していた。

2009年3月11日。なんとも景気のいい数字が各メディアに踊った。Fuji Sankei Business iに掲載された記事『「インサイト」3倍超す疾走 月間5000台計画が…受注1万8000台』を見てみよう。

好調の要因は何といっても、ハイブリッド車で、最も安いタイプで189万円からという価格戦略が大きいだろう。「環境に優しい車を買いたい」という意識を持ったり、「燃費のいい車が欲しい」と思っても、200万円を超えるような価格では手が出しにくい。また、本体価格・初期投資の大きさは、それだけ燃費が安くなる効果による投資回収期間が長くなることを意味する。なかなか手が出しづらくなる。

池原照雄氏のコラムがインサイト好調の理由をわかりやすく伝えている。

インサイトは3グレードが用意されており、189万円の「G」は受注全体の4割を占めた。通常は中心価格帯のグレードが売れ筋となるのだが、まさに「庶民のハイブリッド」らしく、ベースモデルの比率が高くなった、という。

ホンダの福井威夫社長のコメントも紹介されている。「『環境』だけでは買っていただけない」。「環境に優しい」というだけではなく、「経済的に合理性がある」という「価値」が求められているのだ。

こうした消費者からの要請を端的に語っているのが、木村拓哉が出演している明治製菓・キシリッシュのCMだ。

■「時代じゃない?」が指し示す消費者心理

 「TASTE LONG!!おいしさ、長持ち!!キシリッシュ新CM登場!:「なんで?」篇」を見てみよう。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。