全米が熱狂したSF映画の何とも底知れぬ魅力

「エンダーのゲーム」を見逃していませんか

『エンダーのゲーム』
『エンダーのゲーム』(2013年/アメリカ/114分)

突如昆虫型生命体、フォーミックの侵攻を受けた未来の人類は、敵の2次侵攻に備え、世界中から頭脳明晰な子供たちを徴兵し、地球軌道上に設置された訓練施設“バトル・スクール”でエリート戦士としての養成を行っていた。中でも少年エンダーは、この宇宙戦争を終結させられる特殊能力を秘めた者として、監督官であるグラッフ大佐(ハリソン・フォード!)の下、過酷な試練を課せられていく……。

侵攻してきた敵とはいえ、戦争での殺し合いに強い疑念を抱き葛藤しながらもエンダーは、遂に指揮官となり最終バトルシュミレーションに挑む。そんな苦悩する少年指揮官役を(最高のハマり役として)見事に演じきったのは、近年作では(たかみにとって)最高評価の『ヒューゴの不思議な発明』(2011年)でも完璧な演技で魅せてくれたエイサ・バターフィールド。うまい子役が多い映画界でも、すでに抜きんでた名優といえる。

本作が『エヴァンゲリオン』と似ているという指摘(逆デス!)は、原作の発表年を知らない若い方なのだろう。また、例によって、原作ファンからの「小説に比べると物足りない」との批判もあるが、ぼくは元々映像に向いたSF小説だと思っていたので、むしろ(VFXがすごい)映画の方が楽しめたくらいだ。そして原作を読んだことのない方なら、ストレートに本作のオチを楽しめるはずだ。

とはいえ、鑑賞後ぜひ優れた原作と読み比べてみてほしい。オースン・スコット・カードのほかの作品、たとえば短編集『無伴奏ソナタ』と長編『ソングマスター』なども強くおススメしたいSF小説だ。もし『ソングマスター』が映画化されたら、『エンダーのゲーム』以上の傑作となるに違いない。

(文:たかみひろし/音楽・映像プロデューサー、『モノ・マガジン』2014年7月16日号掲載記事を一部加筆・修正)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT