あの映画で「自分目線」がもてはやされるワケ

製作者側も工夫を凝らすホラーの演出法

気が抜けないストーリー展開にハラハラです(写真:Syda Productions / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。先週に続き、今回もホラーだ。

「POV」の映画に注目!

どの作品もレンタルで観る分には充分楽しめるホラー作ばかり。今回もたかみ苦手のスプラッター作が登場。年配者にはある種の疲労がたまる分野だ(苦笑)。

さて以前に「このジャンルは、製作する側も(ネタ切れを意識しつつ?)工夫を凝らしているのだ」と書いたが、今回注目したい“工夫”のひとつが、いわゆる“POV方式”の映画だ。POVとは「Point of View(Shot)」の略で、日本では「視点ショット」「主観ショット」などと訳される。

具体的には、カメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなカメラワークのことで、よりリアリティのある映像を作り上げることができるため、フェイクドキュメンタリー(ドキュメンタリー風表現手法=モキュメンタリー)映画でこの方式がよく取られる。ファウンド・フッテージ (found footage)ともいわれるこの新手のジャンルは、撮影者が行方不明になったまま発見された未編集の映像(footage)という設定で、ホラー作品がほとんど。一躍有名になったのが、例の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)だ。

モノ・マガジン2月16日号。特集は『コンビニはグルメだ!』『日本のお酒とおいしい肴』『厨房の神器』などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

POVタイプが映画界でもてはやされるのは、低予算(「ブレア・ウィッチ」は製作費6万ドルとアナウンスされている!)という点に尽きる。『パラノーマル・アクティビティ』(2007年)シリーズもすでに5作が公開されているし、本欄で紹介した『クローバーフィールド』(2008年)、『クロニクル』(2012年)、スペイン発の『REC』(2007年)、そして今回の特選とした『V/H/S』シリーズ等々、これからもこのジャンルの作品は(金銭的リスクが低いため)製作され続けそうだ。

ただしこのタイプには、部屋の中にビデオ・カメラを設置したり、登場人物の誰かにビデオ・カメラで撮らせ続けたりしなければならず、その設定部分に(無理があり)限界がある。「ほら、ビデオ・カメラ買ったぞ! いいだろ!」「俺にも撮らせてくれよ!」(『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』)てな調子で、Vカメラのたらい回し?となり、どんな危機的な状況になっても(危険なギャングや恐ろしいゴースト&モンスターを目前にしても)撮影者は(視聴者のために!)カメラを手放せないワケだ。まあ、そんな不自然さに目をつぶれば、POVはホラーにはピッタリのスタイルではあるのだが……。

次ページ今回のオススメ3作品はコレ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT