恐いもの見たさに勝てないホラー映画の魅力

狂気や暴力に魅せられてしまう人の目線

思わず目を背けたくなるほどの恐怖シーンもあります(写真:polkadot / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回はホラーだ。

恐怖要素ミックス! 工夫を凝らした作品が増えている

今回はホラーの注目作を紹介しよう。どの作品もレンタルして見る分には充分楽しめるホラーばかりだ。このジャンルはさまざまなタイプの作品があり、近年はそれぞれの恐怖要素をミックスしたような作品も増えている。製作する側も(ネタ切れを意識しつつ?)工夫を凝らしているのだ。

幽霊・悪霊・怪物が露骨に登場するもの(オカルト~ハウス・ホラーものから、ずばり『呪怨』タイプまで)が、一応ホラーの王道なのだろうが、人間そのものの狂気や暴力などによるサイコ/スリラーの要素が強いものも根強い人気があるようだ。たかみの苦手なスプラッターなどもこちらの分野に属する。

モノ・マガジン2月16日号。特集は『コンビニはグルメだ!』『日本のお酒とおいしい肴』『厨房の神器』などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

今回ご紹介の4作品で分類すると、『サプライズ』のみがサスペンス色の濃いサバイバル・スリラーで、残りの3本がオカルト/ハウス・ホラー系ということになる。クローズ・アップしたいのは、『死霊館』と『インシディアス 第2章』を撮った“新世代ホラーマスター”ジェームズ・ワン監督だ。まだ37歳の(中国系)オーストラリア人映画プロデューサー/監督/脚本家であるワンは、皆さんもご存じの空前のヒット作『ソウ』シリーズの生みの親だ。シリーズ2作目以降は製作総指揮を担っていたが、近年は再び監督として活躍している。むろん得意分野はホラー/スリラー系だ。

今回採りあげた2作品も手堅く大ヒット作となった。『ソウ』に続く新世代感覚の大ヒット・ホラー『インシディアス』はシリーズ化された。現在『ワイルド・スピード』シリーズの7作目を撮影中らしいが、ホラー映画の巨匠入りには、もう興味がないのだろうか?

マンスリー・アワードに選定した『死霊館』は、過去のハウス(オカルト)・ホラーの名作、『悪魔の棲む家』(1979年、2005年)、『ホーンティング』(1999年)、『ゴースト・ハウス』(2007年)などなどのシナリオを踏襲している。近年作では本欄でも紹介済みの『ドリームハウス』(2011年)あたりも同様だ。引っ越してきた(大抵は歴史ある)屋敷が実はゴーストや悪魔に憑りつかれた呪われた館だったというパターンは、名作(『アザーズ』2001年)から迷作まで数多く存在する。

次ページまずはオススメ3作品
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。