「X-MEN」シリーズにハマるSF好きの目線

「ダイバージェント」も見逃していませんか

今回もたかみ氏の得意なSF映画特集です!(イラスト:ツネオMP / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回も、たかみ氏の得意とするSF映画だ。

過去の連載一覧はこちら

映画ファン必見のSFエンタテインメント大作4作品!

今回はいずれも映画ファン必見のSFエンタテインメント大作といって相違ない。

今回の特選としたX-MENシリーズ『X-MEN:フューチャー&パスト』は、御存じアメコミ(マーベルコミックス)のキャラをベースとする、実写版スーパーヒーロー映画シリーズの通算7作目に当たる。旧シリーズ『X-メン』(2000年)、『X-MEN2』(2003年)、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006年)、新シリーズ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年)、それに同シリーズの主要キャラであるウルヴァリンをフィーチャーしたスピンオフ作品、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009年)、『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)が公開されていて、ほかにTVアニメ・シリーズもある。

本作は内容からすると、旧シリーズと新シリーズ両方の続編と言える。つまり新旧シリーズのオールスター(?)が登場する豪華版にして、SFファンが大好きなテーマ、タイムトラベル/パラレルワールド(平行世界)を絡ませた、文句なしの痛快作である。

モノ・マガジン2月2日号(1月16日発売)特集は『バス活用術』『攻めの花粉症作戦!』『今こそカラー眼鏡』などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

桜坂洋のSF小説原作&トム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』もまた、地球破滅の危機(地球はなんと危険な星なんだ!)を回避しようと、目覚めるたびに強くなる(!)軍広報担当のダメ将校が活躍するバトル・アクション作だ。“タイムループ”のアイデアは、SFファンにとって新鮮ではないものの、不思議と見飽きることはない。『宇宙戦争』(2005年)に『オブリビオン』(2013年)と、意外にも(?)トムクルはSFでも頑張ってる!

「これまでの映画で『ブレードランナー』に最も近付いた映画」という評は、やや大げさとはいえ、『ザ・マシーン』はイギリス製作のSF映画らしい暗雲が立ち込める(笑)佳作。劇場未公開の大傑作ホラー『ディスコード』(2012年)主演のケイティ・ロッツが、本作でもアンドロイド役で好演。

『ダイバージェント』は、16歳になると強制的に5つの属性に分類・管理されてしまうというショッキングな近未来の世界観が話題を呼び、全米No.1ヒットとなったSFサバイバル・アクション超大作(139分!)だ。主にTVMで活躍してきた主演のシェイリーン・ウッドリーは要チェック。

次ページまずは、おすすめ3作品
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT