サウジとイラン断交、全面紛争へ発展も

宗教や地政学面で約40年前からくすぶる不信

シーア派指導者の処刑にバクダッドで抗議する人々(写真: ロイター/THAIER AL-SUDANI)

サウジアラビアとイランが前回断交したのは1988年、テヘランにある大使館が反対運動者たちに襲撃された後だった。その溝を埋めるには1990年のサダム・フセインによるクウェート侵攻に伴い周辺国間の力関係が大きく変動する必要があった。

もっと控えめな展開で、中東地域の最も厳しいライバル関係を解消できたかは不明だ。サウジとイランの両国はそれぞれ敵対する国々を支持しており、その関係は中東諸国間の戦争や、政治的な闘争を下支えしている。

サウジがシーア派指導者ニムル氏を処刑したことからテヘランにある大使館が襲撃された。これを受けてサウジ政府がイランの外交官を追放したことで再び関係が熱を帯び、地域の根底にある対立の解消が難しくなった。

昨年から周辺国を巻き込み対立

新たな危機の中心には、1年前にサルマン国王が権力を握って以来、イランやその同盟国と軍事的に対立しようというサウジの意志がますます強くなっている点がある。

昨年、サウジはイラン側の市民軍が南の隣国で力を握るのを阻止するためイエメンで戦争を始めた。そしてイランの同盟国シリアのアサド大統領に対する同国反乱軍への支援を強化した。政治アナリストによれば、二ムル師の処刑は主に内政に起因するものだったが、イランとの対決状態も一因だったという。

こうした介入は、サウジ政府が数年来、「野放しのイラン人による攻撃」を批判し続けて来た後に実施された。サウジはその際、イランがシーア派の市民軍を支援し、湾岸諸国のグループに武器を密輸していると主張したが、イランはこれを否定している。

次ページイラン核合意も対立の背景に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT