「夫側の正月」を優先する時代は終わっている

昔はイヤでも「夫の実家で年末年始」だった

息子夫婦は私の不満に気づいていません(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は60代で、2人の息子は結婚しています。結婚5年の長男、3年の次男とも近所(大阪)に住んでいますが、普段息子たち夫婦は仕事で忙しく、滅多に会うことはありません。(子供と会うのは、年に1回の私の誕生日会程度です。)
実は長男のお嫁さんの実家は鹿児島ですので、長男夫婦は結婚以来、年末から正月の3が日にかけては、そちらへ行くのが習わしとなっています。我が家は同じ県内で、行こうと思えばいつでも行ける距離なのだから、お正月くらいは遠方の嫁の実家でということなのでしょうか。
私は内心、憤慨しています。同じ県(車で30分)にいるのにお勤めのように誕生日にしか顔をみせず、年末年始は当然の恒例行事のように鹿児島に行ってしまう息子夫婦には、いつも寂しい思いをさせられてきました。その2年後に結婚した次男のお嫁さんの実家は千葉県。長男たちに習ったのか次男夫婦も年末年始は、当然のように千葉に行きます。孫はそれぞれ一人ずついますが、普段は滅多に会わないので、孫も私に懐いていません。
普段は、せっかくの休日を過ごしている家庭に私が押しかけるのも迷惑だろうと、控えてきました。一年に一度会った時も、嫌みひとつ言わずニコニコ接してきました。ですから息子たちは、私が彼らに抱いている不満にも、気づいていません。
それぞれのお嫁さんたちの実家は両親や妹弟たちがいて賑やかなのに、一人住まいの私は毎年の正月を、これからも一人で過ごすことになりそうです。正月は一泊でも我が家で過ごすように言うのはしこりが残りそうで、しかもお願いしてまで来てもらうのは私の流儀ではありません。私に子どもがいないなら諦めもつくのですが、これも時代の流れだと諦めるべきでしょうか。
                久田(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT