北海道新幹線は「B級」観光資源で勝負すべき

函館をいかにアピールできるかが鍵

画像を拡大
函館ワインを吹きかけて焼いた「焼き豚」。ご飯との相性も抜群のやきとり弁当だ(写真:筆者)

■ハセガワストア やきとり弁当

ハセガワストアは道南を中心に出店しているコンビニで、店内で調理された「やきとり弁当」が評判。道南で「やきとり」とは「焼き豚」を表す。函館ワインを吹きかけて焼いた独特の香ばしさが漂う「やきとり」は、ご飯との相性が抜群。 

 

画像を拡大
市民創作 函館野外劇。飛び入り参加も可能(写真:筆者)

 ■市民創作 函館野外劇

函館の歴史がストーリーの野外劇。夏に開催され、2015年で28回を数える。五稜郭の土手とお堀を舞台に、5000人以上の市民が演じるという壮大さ。観光客も飛び入り参加が可能。2015年は昼間開催だったが、それまでの夜間開催の幻想的雰囲気も捨てがたい。

 

■函館バル街

チケット制でエリアの複数の飲食店をはしごできるイベントを「バル街」と呼び、近年全国で開催されるようになったが、函館はその発祥の地。函館にはスペイン料理の名店が数多くあり、バル街ではそれらを格安で食べ歩きできるので大人気。

八戸での成功例

このような潜在的な資源を活用して成功した事例として、八戸の市場一体型飲食施設である「八食センター」と、屋台村である「みろく横丁」を挙げることができる。

八戸では東北新幹線の八戸延伸を控えて観光振興が叫ばれたが、観光客に大きく依存する事業では観光客が減少する冬季に苦戦必至なので、住民にも愛される施設を目指し、地道に振興するのが得策とされた。

その際、振興された観光資源のひとつがB級グルメ「せんべい汁」である。このせんべい汁はB級グルメという言葉が今ほど世間に浸透していないときから振興がうたわれ、いまや八戸を代表する観光資源のひとつに育っている。

観光で最も期待のかかる函館を中心に、北海道新幹線の沿線ではこのような事例を参考に、さまざまな潜在的な観光資源に光を当て、中長期的に観光効果を増加させるよう、努力すべきであろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT