3Dプリンタは、いよいよビジネス実用化へ

航空機・オーディオ部品などが続々登場

3Dプリンタは今後どう進化するのか?(撮影:今井康一)
日本を代表する3大シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング、みずほ総合研究所、野村総合研究所に、6回にわたって2016年の日本を予測してもらう本連載。第6回は、『ITナビゲーター 2016年版』を上梓した野村総合研究所(NRI)の光谷好貴氏が、3Dプリンタの進化と3つの特徴、今後について展望する。

過去の連載はこちら

3Dプリンタ製パーツが最終製品に搭載

3Dプリンタを活用したモノづくりが、いよいよ本格化しようとしている。2013年7月、ヤマダ電機が個人用3Dプリンタを販売すると発表し話題となった。そのため、今でも当時紹介された機種を思い浮かべるかもしれない。

東京オリンピックの先にある未来を読み解く。ネット・リアル融合時代のIT市場を徹底予測

近年、「DDM(Direct Digital Manufacturing)」という言葉が登場し、3Dプリンタで作られた製品、あるいは3Dプリンタ製パーツを用いた製品が流通するようになると語られたが、上記の3Dプリンタのイメージもあいまって、「遠い未来の話だ」と感じている人も多いのではないだろうか。

実際には、3Dプリンタに関連する技術は、ここ数年でめざましい進化を遂げている。

2015年11月、エアバスは大型航空機であるA350-1000型機用のロールスロイス製エンジン「Trent XWB-97」の飛行試験を開始したと発表した。このエンジンのパーツの一部は、3Dプリンタによって製造されている。A350-1000型を含むA350 XWBシリーズは、エンジン以外のパーツについても3Dプリンタ製のものが活用されている機体であり、近い将来、3Dプリンタ製パーツが組み込まれた航空機が空を飛ぶことになる。

次ページ3Dプリンタの意義、今後はどう普及する?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。