3Dプリンタが「完璧なクッキー」を作った!

<動画>これが未来のクリスマスクッキー

3Dプリンタ「Foodini」は、完璧なクッキーを成型する

フーディニ(Foodini)を使用すると、ミキシングボウルとクッキーカッターが不要になり、完璧なお菓子をクリスマスのために焼けるようになった。インターネットで好みのデザインを見つけて、食べたいデザートの種類を選び……、プリントボタンを押すだけだ。

フーディニは食べ物をプリントするための3Dプリンタだ。技術系スタートアップであるンアチュラルマシーンズの共同創業者でマーケティング責任者を兼ねるリネット・クスマ氏によれば、食べ物をプリントすることにより、普通の人たちでもフランス菓子に匹敵するデザートを作れるようになる。

添加物の入っていないお菓子を焼こう

クスマ氏は次のように述べる。「スーパーで購入できる、前処理された出来合いのパック入り食品には、人工の材料や保存料、添加物、化学物質らしい名称の材料が入っています。でも当社は皆に台所で新鮮な材料を使って、食べ物を作って欲しいと考えています。3Dフードプリントは、そうした食べ物を形成したり組み合わせたりすることに役立ちます」。

次ページクッキーのレシピはクラウド上に
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。