話がうまくなる「ちょっとした」小道具&コツ

アナウンサー+人気落語家の「裏ワザ」を紹介

魚住:では、「えー」をどうやって減らせばいいか。「えー」の代わりに、よく「まぁまぁ」と言う落語家さんもいますね。

コツ3.「えー」「あのー」に代わる言葉を用意する

昇太:それは、柳家喬太郎さんね。喬太郎さんは文章と文章のつなぎに「まぁまぁ」ってよく言うんです。「そうなんですね。まぁまぁ、こんなこともありましてね」とつなげていく。

魚住:「置き換える言葉」を用意するわけですね。柳家喬太郎さんとは長くインタビュー番組をしていましたが、絶対に「えー」「あー」を言わなかったですね。話がすっきりスマートに聞こえて、すばらしかったと思います。

「伝える力」がある者が生き残る

魚住:ここまで、「話し方」について春風亭昇太師匠と話してきました。最後に昇太師匠からメッセージをお願いします。

昇太:「人間がなぜ人間か」という深い話をしたいと思うんです。人類の長い歴史の中で、人類っていろんな種族がいましたよね、ホモ・サピエンスとかネアンデルタール人とか。でも結果として、ネアンデルタール人が滅びて、ホモ・サピエンスが生き残った。諸説ありますが、ホモ・サピエンスよりもネアンデルタール人のほうが、筋肉や体は丈夫だったと言われているのに、です。

魚住:なぜなんですか?

昇太:ネアンデルタール人と生き残ったホモ・サピエンスの最大の違いは、「モノを伝える力」がホモ・サピエンスのほうがあったからだと僕は考えています。要は「話せた」ということ。初期のネアンデルタール人の石器と、初期のホモ・サピエンスの石器は、作り方や形は一緒なんだけど、差がどんどん出てくる。「後世に伝えていく」ということを、ホモ・サピエンスはできたんですよ。だから生き残った。

魚住:「伝える」ということが、人間にとってものすごく重要なことだったんですね。自分が成長するために話す。「伝えるように話さなければいけない」というのが大事なんですね。

昇太:そうです。だから、この魚住りえさんの『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』という本がある。この本を読んだものが生き残る。

この連載の一覧はこちら

魚住:師匠、ありがとうございます(笑)。「なぜこの本を書いたか」というと、少しでも多くの方に「新しい人生の扉を開いてほしい」と思ったんです。「声と話し方」に少しでも自信が生まれたら、毎日が楽しくなる。「あのときどうすればよかったかな?」と思ったとき、すぐわかる構成になっているので、いつもそばに置いて、困ったときに見返し、末永く仲良くしてあげてください。みなさん、今日はお越しいただき、ありがとうございました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT