「数字に弱い人」は人生でだいたい損している

だまされないために4つのポイントを知ろう

たとえば、「顧客満足度90%」という広告のキャッチコピー。「90%」という数字の、「もとにする量(分母)は何だろうか」と考えてみよう。対象は「全顧客」なのか、たとえば「5年以上利用しているお客」など一定の限定条件があるのか。分母が注記してあるケースもあり、しっかり確認しておきたい。たとえば「5年以上利用しているお客」が分母だったら、逆に考えると「それでも不満」という人が10%いるというおかしなことになる。

もうひとつ例を出しておこう。

A社:男性の既婚率80% 女性の既婚率70%
B社:男性の既婚率90% 女性の既婚率75%

 

このケースだと、男女合計の既婚率はA社、B社のどちらが高いだろうか。一見すると、B社のほうが男性・女性とも既婚率が高いので、男女を合計してもB社のほうが高いだろうと思ってしまいそうだ。

だが、そうならない場合もある。母数を考えてみよう。A社の男性が1万人、女性が10人だったとすれば、男性の方が圧倒的に多いので、男女合計の既婚率は80%に近い数字になる(実際は79.99%)。一方でB社の男性が10人、女性が1万人だったら、男女合計の既婚率は75%に近くなる(実際は75.01%)。この場合は、A社のほうが既婚率は高くなる。パーセント、割合を出すための母数は、つねに注意が必要だ。

隠れている数字を意識する

【 ② 見せていない数字を尋ねよ】

たとえば「あるDM(ダイレクトメール)購読者の商品購入率は80%です。だから、このDMは効果があります。続けましょう」という人がいたとしよう。

この主張は怪しい。なぜなら「DMを購読していない人の購入率」という、「見せていない」数字があるから。その数字と比べて初めてDMの効果が判断できる。ひょっとしたらDMを購読していない人の購入率が85%だったら、「DMを送る意味はないじゃない」と、結論が逆転してしまう。

「私は『そうじゃないほうの数字を見せて』というのを口癖にしている」と深沢氏は話す。「見せていないということは『見せたら困る理由があるんじゃないかな』と思った方がいい」(深沢氏)。うっかりミスリードされないよう、隠されている数字がないかアンテナを張っておきたい。

次ページ中長期的期間で判断しよう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?