「数字に弱い人」は人生でだいたい損している

だまされないために4つのポイントを知ろう

【③ 一瞬ではなく、期間でとらえよ】

たとえば商品A(単価1000円、利益率50%)と商品B(単価1000円、利益率10%)があったとする。さて、あなたならどちらの商品に力を入れて売るだろうか。利益率だけを見るとAの方が高いので、「そりゃAに決まっているでしょう」と答えそうになる。

だが、もし商品Aが1カ月に1個しか売れない商品で、商品Bが1カ月に200個売れる商品だったらどうだろう? いくらAに販促コストをかけても、商品の特性上、無駄足に終わるかもしれない。「私たちはつい、物事の利益を瞬間的に考えがちだ。だが、ビジネスでは商品の特性を考えて、中長期的な判断をすることが重要になる。“いつからいつまで”という考え方をもって数字を見てほしい」(深沢氏)。

データのばらつきはないか?

【④ 平均値に気をつけよ】

専門的には統計学の分野になるが、簡単に言えば「データのばらつきを気にしよう」ということだ。平均値は「データのちょうど真ん中の値」だと考えがちだが、データの分布によっては、平均値にあまり意味がない場合も多い。

たとえば数値が大きい方と小さい方に極端に偏っていて、平均値に相当するデータはほとんどない、という場合もありえる。その場合は、平均値よりも最頻値(すべてのデータを集めたときにもっとも頻繁に出現する値)や、中間値(すべてのデータを小さい順、または大きい順に並べたときに中間に来る値)で議論をしたほうがいいかもしれない。

「平均値によって、データのばらつきを隠していることもあるかもしれない。隠れているものを見るには、データをもとにエクセルなどでグラフを作ってみるといい」(深沢氏)。もし平均値の前後にボリュームゾーンがあれば、平均値で議論してもかまわないということになる。

 

以上で紹介した4つのポイントを踏まえれば、ビジネスシーンで誰かに資料やグラフなどを見せられた時にも、根拠となる数字を批判的に眺め、本質的な議論ができるようになるはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?