「株価急落=アベノミクス失敗」は正しいか

金融緩和の効果を素直に認めない残念な人達

2012年末にアベノミクス相場が始まってから、高値から10%以上の株価下落は今回で4回目になる。年に1、2回程度はこうした調整は起きるわけだが、2015年は中国への懸念が大きくなり、8月に起きた。日本株の最近の急落は、世界的の市場参加者の心理が悲観方向へ揺いだことでもたらされた側面があり、そうした値動きが年に1回程度起きるという意味では想定されうることだ。

金融緩和の効果を否定するのは無理がある

株価急落が起こると、ここぞとばかり、金融緩和強化を軸に据えてきたアベノミクスに対する批判的な意見が増えてくる。アベノミクスの「3本の矢」戦略が開始された後、最初の株価急落時は2013年5月に起きた。このときにもアベノミクス批判が相当盛り上がったが、今回もあのときとほぼ同様、「金融緩和政策への懐疑論」はなお根強いようだ。

「緩和マネー頼み」で演出された株高が持続しないのは当然であるという立場から、株価急落=日本銀行による異次元緩和に依存したアベノミクスの警鐘、というのが典型的な議論だろう。

だが実際には、日本銀行の金融緩和強化が日本株市場を復活させたことは否定できない。また日本での株高が「緩和マネー頼み」と言い切るのは難しい。

アベノミクス実施以降の日本経済の復調で、法人企業統計ベースの企業の経常利益は2015年4-6月に20兆円に達し、過去最高水準を更新している。2012年末の金融緩和強化によって、経済成長率の高まりとデフレの和ぎが、企業利益拡大を後押ししたためだ。そして、雇用者数が増え、失業者数が大きく減少するなど、実体経済の改善は幅広く起きた。

次ページどうしても緩和の効果を否定したい識者たち
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT