村上 尚己
村上 尚己(むらかみ なおき) Naoki Murakami
マーケット・ストラテジスト

アライアンス・バーンスタイン(AB)株式会社マーケット・ストラテジスト。東京大学経済学部卒業。生命保険会社、シンクタンク、外資証券で国内外の経済・金融市場の分析に従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でシニアエコノミストとして、日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年5月から現職。2008年のリーマンショック後、かなりはやくから米国株の復活を予測。その文脈の中で、日本株の復活もズバリ予測。2016年も大統領選前からドル高への回帰を予想、的中させた。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。