米雇用統計後の日本株はどこで下げ止まるか

鯨の実態は金魚!?市場から消えた3つの「夢」

4日の米雇用統計後のNYダウは272ドル安。7日以降、クジラも「救えなかった」日本株はどうなる(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

筆者はこれまで、日経平均が1万8000円を割れると予想してきたが、残念ながら的中してしまった(前回8月23日のコラム「日経平均、現実味を増す『1万8000円割れ』などを参照)。ただ、当コラムの読者は、下げ相場に的確に対応したのではないかと安堵している。

消え去った3つの根拠なき「夢」

前回のコラム直後に、日経平均はザラ場ベースで1万7714円(8月26日)、終値ベースでは1万7806円(8月25日)の安値を付けたこともあり、筆者は「いったんは調整が完了したか」と考えた。しかし、内外投資家の間に不安心理が残り、9月4日はザラ場安値1万7608円、終値1万7792円と、わずかではあるが安値を更新して週を終えている。

1万8000円割れまで下落した要因は、以下のような3つの根拠なき「夢」が破れ、消え去ったからだ。しかし夢破れた後は、「緩やかではあるが改善する日米等の経済実態」という、地道な現実に足が届きそうだ。今後、株式市況は徐々に手探りで、底値形成から持ち直しへの道を探るだろう。

次ページ3つの根拠なき「夢」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。