日経平均、現実味を増す「1万8000円割れ」

世界同時株安は「割高修正への一歩」に過ぎず

「日本株だけは逆行高」という根拠は乏しい。日経平均は1万9000円割れどころか、1万8000円も危なくなるというのが筆者の予想だ。日本株はどこで下げ止まるのか(花火/PIXTA)

日本株下落の本当の要因は何か

筆者は「根拠なき日本株の上昇」に対しては、忍耐強く警告を発してきた。

特に日経平均株価が2万0800円を再び突破した7月21日の直後のコラムでは、こうした見せかけの上昇は「ブルトラップ」(強気筋の投資家が、株価がもっと上がると誤解して高値づかみをしてしまう、心理的ワナ)だと述べた(7月26日配信の「米国株の『本格下落』が、いよいよ始まった」)。

このコラムでは、6月23日(火)~25日(木)、7月21日(火)がブルトラップだと指摘したが、結局8月10日(月)~11日(火)の上昇も、この2万0800円超のワナに加わった。当コラムの読者は、筆者の警告を踏まえ、「3度のワナ」を見抜いてくださったのではないか。

筆者が、2万0800円超えの日経平均の動きを「根拠なき上昇」と述べた背景には、中国、米国、そして日本において「3つの悪化の潮流」がある。まずは中国から一つ一つ見て行こう。

次ページ中国・米国・日本の「悪化の潮流」とは
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。