米国株の「本格下落」が、いよいよ始まった

強気の投資家がはまった「2つのワナ」とは

筆者によれば、これから米国市場は本格調整を迎える可能性がある。とすれば、日本株も「平穏無事」というわけにはいかない(写真:まちゃー/PIXTA)

前回7月12日(日)の当コラム「日本株は、再度大きく下落する懸念がある」では、「足元の日本の国内株式市場は『ギリシャだ、中国株価だ』と騒いでいるが、まだ米国株価の下落が控えている」と書いた。

2つのワナにはまった「強気筋」

これまでの日経平均株価の動向は、2万0800円台で、見事に「ダブル・ブル・トラップ」(2つの牡牛(強気筋)のワナ)が発動し、強気筋は完全にそのワナにはまった(本稿では、すべてザラ場高値ではなく終値ベースで解説する)。この2つのワナは、ギリシャと中国を巡る一喜一憂で形成された。

すなわち第1のワナは、6月24日(水)の高値2万0868円で、これはギリシャを巡る財政支援問題が、難なく進展するのではないかという、根拠の薄い楽観によるものであった。その後ギリシャが「国民投票を行う」と発表して情勢が混迷し、これに上海株の大幅下落という悪材料が乗って、浮かれ気分は叩きつぶされた。

第2のワナは7月21日(火)の2万0841円の高値で、この浮ついた相場も、ギリシャ財政への当面の資金繰り支援が決着し、加えて「中国株も落ち着いている」、ということによる楽観であった。

次ページ巧妙かつ危険な「第2のワナ」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT