異次元バブル相場の可能性は一段と高まった

「8月世界同時株安」の次はどうなるのか

日経平均2万円回復はすぐ?今回の暴落で「日本株の異次元バブル相場」入りは、かえって高まった可能性がある(写真:ロイター/アフロ)

大荒れの1週間だった。日経平均株価は8月26日の安値1万7714円を底に切り返したが、今回の「瞬間1万8000円割れ」の理由は、筆者が考えると次のようになる。

日経平均が一時1万8000円を割れた3つの理由

① 人民元切り下げで筆者が前回のコラム「私が『バブル相場は続く』と考える7つの理由」で書いたのは、おおよそ以下の通りだ。「ドルで資金手当てをしている中国の銀行にとっては、借入額が増え、短期的には利上げと同じことになる。また、新興国経済には大きなダメージとなり、中国が築き上げてきた外交政策が台なしになるおそれがある」と考えた。そのため「結局は、早晩内需喚起策が出ると期待される」と書いた。

ところが、中国金融政策当局者の見解は、表面上おおよそ以下の通りだった。「株式市場の混乱の原因は、米連邦準備理事会(FRB)による利上げ懸念であり、人民元基準値引き下げではない。中国の為替改革は、株式市場の乱高下とは一切関連していない」としたのだった。

次ページ残りの2つの理由は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT