「プリン体ゼロ」「糖質ゼロ」の怪しすぎる効果

人間の体はそんなに単純ではありません!

どうしても“ダイエット”と言うとカロリー制限を思い浮かべますが食事量が同じでも痩せている人も太っている人もいるのが現状で、カロリーの収支バランスだけで「太ると痩せる」が決まる訳ではありません。

その主な原因は代謝の違いです。つまり何もしていなくても体温、心拍、血液循環、呼吸などの生きるために必要なエネルギーである基礎代謝や1日の活動に必要な生活活動代謝、及び食事後の消化吸収で使われるエネルギーである食事代謝(食事誘導性体熱産生:DIT)が季節や個人によって大きく異なるからです。

「基礎代謝」は季節によって結構違う

夏は気温が高いので体内でのエネルギー発散が少なくても体温が保持されるため、基礎代謝は春夏秋冬の中で最も低くなり、更に栄養不足や運動不足によっても低下してしまいます。

この基礎代謝は身体から発散される総エネルギーの70%を占めるので「太ると痩せる」にも大きく影響します。

また、食後には血液中に糖分が増えて、血糖値が上昇するとインシュリンと言うホルモンの働きで筋肉や肝臓に貯蓄エネルギー(グリコーゲン)として蓄えられますが、食べ過ぎや糖質過多で食後血糖値が急上昇すると筋肉や肝臓だけではグリコーゲンとして蓄え切れないので中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられてしまい、体脂肪が増えることになります。

このような食生活が習慣化すると肥満になりやすく、更に高血糖が続くとインシュリンの作用不足(インシュリン抵抗性)に陥り、糖尿病などの生活習慣病へと進行してしまうリスクが高まります。

もちろん間違った食生活の習慣化は夏場に限ったことではありませんが、多くは夏に代謝リズムが崩れやすくなるのです。

このように夏場は基礎代謝の低下と食べ過ぎ(特に甘いもの)が太りやすい原因を作ってしまうので基礎代謝を維持しながら甘いもの(糖質)を控えることだけでも太らない体質をつくります。

つまり、過剰な運動をしたり、食事を極端に減らすような無理なダイエットをするよりも朝・昼・夕の栄養価を考えた食事をしっかり食べて、大いに活動することで基礎代謝の低下を防ぎながら、おやつの糖分を減らして血糖値の上昇を防ぐことが夏場のダイエットには必要なのです。

夏は基礎代謝が低いので、脳内の温度センサーが働いて食欲を低下させながらエネルギーの吸収と発散を調整して体重を維持させる働きが備わっています。

そのように脳と身体は春夏秋冬で自動調整していますので、基礎代謝は異なっても通常は年間を通して概ね体重は維持されています。

夏場の無理なダイエットは更に代謝を低下させて、代謝が上昇し始める秋にその影響が及んでしまい、食欲が増える秋にも代謝が上昇せずに太りやすくなってしまいます。

秋は食欲の秋”と共に“スポーツの秋”でもあり、身体づくりにもダイエットにも絶好の季節になります。夏は体重維持に心掛けて、ダイエットは秋まで待ったほうが良さそうです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT