コカ・コーラ、「緑色のラベル」に秘めた野望

8年ぶりのコーラ新製品は「健康重視」

手前にあるのはサトウキビとステビア。「コカ・コーラ ライフ」には植物由来の甘味料が使われている

黒い液体(コーラ)に落ち着いた緑のラベルという、一見食欲をそそらない色合いに少々戸惑ったが、記者が試飲してみたところ、味は通常のコーラとほとんど変わらず、おいしかった。

1月27日、日本コカ・コーラが都内で会見を行い、2007年の「コカ・コーラ ゼロ」以来となる8年ぶりのコーラの新商品を発表した。その名も「コカ・コーラ ライフ」。アルゼンチンやチリで2013年に発売したのを皮切りに、2014年にはイギリスや米国、メキシコなどでも販売が始まった。アジアでの投入は日本が初。「私たちのビジネスが拡大できると確信している」とティム・ブレット社長は自信を見せた。

健康的なコーラ?

特徴は、カロリーを約6割落としたこと。通常のコーラが100ミリリットルあたり45キロカロリーであるのに対し、ライフは19キロカロリーだという。また「ゼロ」ではカロリーを抑えるために人工甘味料が使われているが、ライフは植物由来の甘味料を使用することで、健康によいというイメージを生み出す戦略だ。

同時に、コーラ独特の味を損なわないことで、「健康とおいしさ」の両方を求める消費者を開拓する考えだ。「年齢が上がってくると炭酸を飲む人が減ってくる傾向があるが、そういう人を引き戻したい。35歳以上の人をターゲットに据えている」と同社の炭酸部門のマーケティング担当者は語る。具体的な数字は非公表だが、先行導入した各国ではコーラの市場が拡大しているという。

次ページ健康志向の人がコーラを飲むか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT