新商品炸裂!「ローソンいちご祭」の勝算

いちごイヤーの今年は「香り」で大勝負

1月5日発売の「いちごのサンド」。5粒分のいちごが使われている

いちごの旬は、露地栽培の場合もともと春から初夏にかけて。しかしいちごの商戦的には、クリスマスから始まって、1~2月が最も盛り上がる時期だ。いちごを用いた商品が陳列棚に並び、外食産業ではいちごフェアが競って開催される。市場を賑わすという点で、いちごに比べられるフルーツはほかにないのではないだろうか。そういえば、スポンジ生地にいちごがのった「ショートケーキ」は、日本で発案されたものだという。いちごは日本人にとって、一種特別なフルーツといえそうだ。

今年は、100年に一度の「いちごイヤー」

メロンパン

とくに今年は“1と5”のゴロ合わせから、「いちごイヤー」ということで、年明けと同時に、いちご商品が大いに盛り上がっている。

ローソンは「いちごのサンド」(1月5日発売)、「プレミアム あまおう苺のロールケーキ」「あまおう苺のしっとりメロンパン」「あまおう苺のふわふわロール」「超濃厚いちごミックススムージー」「ストロベリープリントライフル」(以上すべて1月13日発売)など、いちごスイーツを続々と投入。しかも、福岡のブランドいちご「あまおう」を使った商品を充実させることで差別化を図っている。

次ページ「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • イマドキのLINE事情
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。