新商品炸裂!「ローソンいちご祭」の勝算

いちごイヤーの今年は「香り」で大勝負

1月5日発売の「いちごのサンド」。5粒分のいちごが使われている

いちごの旬は、露地栽培の場合もともと春から初夏にかけて。しかしいちごの商戦的には、クリスマスから始まって、1~2月が最も盛り上がる時期だ。いちごを用いた商品が陳列棚に並び、外食産業ではいちごフェアが競って開催される。市場を賑わすという点で、いちごに比べられるフルーツはほかにないのではないだろうか。そういえば、スポンジ生地にいちごがのった「ショートケーキ」は、日本で発案されたものだという。いちごは日本人にとって、一種特別なフルーツといえそうだ。

今年は、100年に一度の「いちごイヤー」

メロンパン

とくに今年は“1と5”のゴロ合わせから、「いちごイヤー」ということで、年明けと同時に、いちご商品が大いに盛り上がっている。

ローソンは「いちごのサンド」(1月5日発売)、「プレミアム あまおう苺のロールケーキ」「あまおう苺のしっとりメロンパン」「あまおう苺のふわふわロール」「超濃厚いちごミックススムージー」「ストロベリープリントライフル」(以上すべて1月13日発売)など、いちごスイーツを続々と投入。しかも、福岡のブランドいちご「あまおう」を使った商品を充実させることで差別化を図っている。

次ページ「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT