スイーツ業界が「いちご」に熱狂する理由

100年に一度のビジネスチャンス到来だ

歴史ある空間で味わう、上品ないちごづくしのパフェ

いよいよ大晦日。新年は目前だ。その2015年はスイーツ業界にとって、あるビジネスチャンスの1年でもある。プッシュするのは、いちご(苺)。語呂合わせのようだが、「15=いちご」。2015年は100年に一度の「いちごイヤー」なのだ。カフェをはじめとする飲食店では、いちごを使用した限定商品が考案され、いちご農家をはじめとする生産者もさまざまなアピールに動いている。

まず飲食店。いちごをアピールするパターンは2つに分けられる。一つは、産地追求型だ。例えば、東京・銀座の「資生堂パーラー」本店。3階のサロン・ド・カフェでは「2015 こだわりの“苺”フェア」を開催する。ここは、1902年に日本で初めてのソーダ水、そして稀少なアイスクリームの製造・販売を手がける店舗として創業し、1928年に本格的にレストランを開始。日本における西洋料理の草分けとして名高い。

いちご尽くしの贅沢メニューを投下

資生堂パーラー本店には、もともと人気ナンバーワン商品である「ストロベリーパフェ」があるが、“苺”フェアの第1弾として1月6日~2月1日に「福岡県産あまおうのストロベリーパフェ」と「山口県産四つ星ストロベリーパフェ」という2種類の限定メニューを売り出す。価格はいずれも税込1830円という贅沢メニューだ。

福岡県産あまおうのストロベリーパフェは、「あ」まい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まい、というお馴染みの苺であるあまおうを使用。あまおうで作成されたストロベリーソースと自家製アイスクリームも使う。実はこのメニューは2014年12月26日から先行導入されており、人気も上々という。山口県四つ星ストロベリーパフェは、甘味、風味、旨味、酸味が四つ星級の新品種のいちごを用いる。

ちなみに、第2弾は2月3日~3月3日に「和歌山県産まりひめスペシャルストロベリーパフェ」「岐阜県産濃姫ストロベリーパフェ」の2種類、第3弾は3月5日~3月31日の期間で「福岡県産やよい姫ストロベリーパフェ」「岐阜県産美濃娘プレミアムストロベリーパフェ」を提供する予定だ。

次ページ飲食店のもう一つのアピールパターンとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT