スイーツ業界が「いちご」に熱狂する理由

100年に一度のビジネスチャンス到来だ

飲食店のもう一つのアピールパターンが、マリアージュ型。これは産地を特定しないものの、「おいしい」というキーワードは外さず、プラスアルファで稀少価値まで高める手法である。

例えば、「Neues(ノイエス)」。三越の「カフェ・ウィーン」などを経て、ウィーンや南ドイツで研鑽を積み、1999年に横浜市青葉区にて創業したドイツパン&ウィーン菓子の専門店(現在は赤坂7丁目のドイツ文化会館内に移転)だ。ノイエス恵比寿三越店では、1月2日~20日まで「苺のシュトゥルーデル Erdbeerstrudel」を販売する。

ウィーン伝統菓子「シュトゥルーデル」といちごのマリアージュ

シュトゥルーデルは、ウィーンの定番菓子で、極薄のクレープのような生地で、リンゴなどをクリームとと共に包み焼きにしたもの。外がカリカリ、中がジューシーなのが特徴で、今回はそれとフレッシュないちごがマリアージュした。

ノイエスが出店する恵比寿三越自体も「いちごイヤー」に合わせて1月7日から「ウィンターグルメフェア~いちご特集」を開催する。

いちご生産者もアピールに動く

生産者側も「いちごイヤー」を追い風にし、様々な企画に打って出る。いちごの生産量が島根県でトップの安来市(やすぎし)では2014年に安来のいちごをPRするため地元官民の女性組織「いちご女子会」が発足。2014年12月15日~2015年5月31日まで、安来市観光交流プラザと道の駅あらエッサ なかうみ菜彩館で「やすぎ苺一縁フェア」を開催中だ。

特に1月15日は語呂で「いいいちごデー」と銘打ち、『苺一縁』紙袋をお披露目として、やすぎの生いちご&いちごスィーツがたっぷり詰まった福袋を限定販売する(以降、毎月15日に販売)。そのほかにも安来市各地でいちごにちなんだ催しが、目白押しだ。

ここで、気になる点がある。そもそも100年に一度の「いちごイヤー」とはいえ、今年だけ収穫量を増加させることは可能なのであろうか?

次ページ収穫量ナンバーワンは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT