デニーズ「パンケーキ」、異常人気の舞台裏

刷新した看板デザートが全社収益も押し上げ

専門店でしか味わえないような本格的なスイーツやデザートが、身近なところで楽しめる時代になってきた。コンビニでも女性客を取り込もうと、スイーツ戦略に力を入れている。外食チェーンも同じ。セブン&アイ・フードシステムズが展開するファミリーレストランチェーン、デニーズもスイーツ戦略に力を入れる1社だ。

今、デニーズで注目のメニューが、パンケーキ。日本におけるパンケーキブームは、2009年、ハワイ発のEgg’s Thingsが原宿にオープンしたことをきっかけにブレイクしたという。今もその人気は衰えていないようで、たとえば同店は今年になってからも新店舗を3カ所にオープンしている。

デニーズはパンケーキの老舗

タワーパンケーキ

1974年の創業当初よりパンケーキを販売してきたデニーズでは、ここ10数年、パンケーキが同店の看板デザートの座に君臨し続けてきた。
「業界では『1日に1つのメニューが10食出ればヒット商品』と言われます。当店ではまさにパンケーキがその代表的な例。普通、新メニューが出たらしばらくは注文数が伸びますが、その人気は長くて1カ月しかもたない。パンケーキは季節の影響も多少は受けつつ、1店につき、ほぼ毎日10食出続けるメニューです」(セブン&アイ・フードシステムズ広報・山瀬輝子さん)。

デニーズでは今年4月、その定番商品を大きくリニューアル。近年流行のパンケーキに共通する“ふわふわ感”を実現するべく、原材料、調理工程から見直しを行った。そのフルモデルチェンジを担ったのが、パティシエの経歴をもつ、商品開発部の木下慶一さんだ。

「人気のあるパンケーキのふわっとした食感を取り入れつつも、デニーズとして、幅広い年齢層のお客様に受けるものをということを追求した結果、“昔ながらの”“懐かしい”といったことが開発のキーワードになりました」(木下さん)。

次ページ粉は自社開発のものを使用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。