デニーズ「パンケーキ」、異常人気の舞台裏

刷新した看板デザートが全社収益も押し上げ

パティシエの経歴をもつ、商品開発部の木下慶一さん(撮影:梅谷秀司)

生地の原料となる粉は配合にこだわった自社開発のものを使用。また、“懐かしい”というキーワードには、「母親がおやつに作ってくれたような」という意味合いも込められるところから、手作り感を重視した。その結果、店舗で注文を受けてから手焼きするという提供スタイルになった。また、アイスクリームやソースを付け合わせることで、食感の変化を楽しめるように工夫。つまり、パンケーキの生地に溶けたアイスやソースがしみこむため、しっとりとした食感も味わえるということだ。

キャラメルハニー、ハニーベリー、Wチョコソースの3種類で展開した新しいパンケーキは大当たりし、先行のテスト販売では1日100食という驚くべき売れ行きを記録した。現在でも、平均で1日に28食ほどが売れている状況で、これはリニューアル前と比較し、4〜5倍の売れ行きに相当する。デザート全部を合わせても日に88食というから、パンケーキ人気の突出ぶりは明らかだ。

「今年4、5月のデニーズ単体での売上げは、昨年同期比5%アップ。数字をパンケーキが押し上げていることは間違いありません」(広報・山瀬さん)。

パンケーキは男性からも高い支持

さらに店側でも予想外だったのが、男性からの支持が高いことだ。「もともとデニーズの中心的な客層は30〜50代。10〜20代にも足を運んでもらおうと、デザートに力を入れてきた背景があります。ところが実際に調査してみると、とくにパンケーキは40代の男性からの注文が多いことが分かりました」(広報・山瀬さん)。

考えてみれば、スイーツのお店はやはり女性の領分という印象があり、男性だけでは入りにくいもの。しかも、いくらパンケーキが話題だからといって、わざわざそれだけを目的に、専門店まで出かけて行く気はしない。いっぽうどこにでもあるファミレスなら簡単に、気軽に入れるし、食事のついでに堂々とスイーツを注文できる。デニーズでのパンケーキ人気の背景には、そんな男性心理があるかもしれない。

そして、さらにその人気を後押ししているのが、さまざまなフェアや季節限定商品による宣伝効果だ。たとえば4月に期間限定で行われた「アメリカンフェア」では、通常のパンケーキであれば3枚のところを、6枚積み重ねた「タワーパンケーキ」が登場。インパクトのある外見がマスコミ、SNSでの話題となって、タワーパンケーキだけで1日4〜5食売れた。しかもその間、定番3種類の売れ行きも落ちることがなかったという。

次ページ期間限定パンケーキも充実
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT