新商品炸裂!「ローソンいちご祭」の勝算

いちごイヤーの今年は「香り」で大勝負

いちごで華やかにスタートしたローソンのスイーツシリーズ。今年は、「香り」が鈴木部長のテーマだという。

「おいしさだけではなく、別の要素を追求して行きたいと思っています。そう考えたところで、『ボタニカル』というキーワードがひっかかってきたんです。フルーツも植物の一つですが、自然の植物が持つ癒しの感覚をスイーツに取り入れて行きたいですね」(鈴木さん)。

ローソン商品本部の鈴木嘉之部長

近々発売予定のスイーツを見せてもらったところ、さまざまなフルーツがちりばめられ、宝石箱に例えたいほど。また「ある香り」が加えられているのも特徴だ。

スイーツだから当然甘い匂いがするのだが、その中にも「あれ?」と首を捻らせる香りがある。香りという食品において非常に重要な要素に意外性を取り入れ、商品に奥行きを加えるのが狙いだ。ちなみに鈴木部長によると、このスイーツを食べる体験は「目をつぶってクラシック音楽を聴いているよう」だという。

「引き算」から「掛け算」へ

鈴木部長に以前、取材した際には、「引き算戦略」について語ってくれた。その詳細は、過去の記事太らないデザート、ローソンの「引き算戦略」を参照していただきたいが、今回も、算数に例えて戦略を説明してくれた。今後は「掛け算戦略」でローソンの売り場を楽しく、驚きに満ちた場にしていくのが目標だという。

「私は、以前はスイーツとベーカリーの担当でしたが、お弁当などを含む4つの部門の担当になりました。いわば売り場全体に横串を刺す役割です。例えば、売れる商品を掛け合わせた商品を開発したり、今回のいちごシリーズのように、部門を超えたコレクションを展開するわけです。デパ地下みたいな季節感、多彩さを、コンビニで表現できればいいなと考えています」(鈴木さん)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。