話が長い「あの人」に教えたい!スゴい特効薬

「2つの言葉」と「1つのクセ」をやめてみよう!

りえ:早速ですが、Mさんがいつもやっている話し方をしていただけますか。試しに、お客さんに説明する「営業トーク」をやってみてください。

Mさん:はい。

「えっとですね、こちらの空気清浄器なんですけど、えーっと、従来品との大きな違いが3つほどありまして、1つめは、これをご覧になっていただくとわかると思うんですけど、かなりスリムで、軽量化されていまして、小さなお部屋に置きやすいんです。2つめは、パワーなんですけど、えー、この……」

 

りえ:ありがとうございます。だいたいわかりました(笑)。Mさんの場合、まずは、「2つの言葉」をやめてみるだけで、ビックリするぐらいよくなると思いますよ。

Mさん:えっ、ホントですか?

ポイント1:つい出る「えー」「あのー」を言わない

りえ:Mさんに限らず、話の冒頭に「えー」「あのー」の2つの言葉を頻繁に言ってしまう人がいますよね。何を話すにも「えー」「あのー」が冒頭についてしまう人です。

Mさん:えっ、僕、そんなクセありますか?

りえ:今の短い説明だけでも3~4回言っていました(笑)。これはもう無意識になっていて、自分では気づいていないことが多いんですね。でもこれは、聞く側にとってはけっこう耳障りなんですよね。

Mさん:確かに、「えー」「あのー」を連発されると、なんか聞いている側はイライラしてきますよね。逆に、話がうまい人は、「えー」「あのー」をあまり言わない気がします。

りえ:そうなんです。「えー」「あのー」の2つの言葉をやめるだけで、見違えるほど、話し方の「ダラダラ感」がなくなり、グンと理知的で落ち着いた印象になります。では、「えー」「あのー」を言わないように気をつけて、先ほどのフレーズもう一度話してみてください。

Mさん:はい。

「こちらの空気洗浄器は、従来品との大きな違いが3つほどありまして、ひとつめは……」

 

りえ:いいですね! 先ほど比べると格段に聞きやすくなりました。

Mさん:あー、でもやっぱり「えっと」「えー」が1~2回出てしまいましたね(笑)。クセになっているから、簡単には直らないのかな。

りえ:大丈夫です。実は、「えー」「あのー」を簡単になくす「いい方法」があるんです。

Mさん:えっ、それは何ですか?

次ページ話の「ダラダラ感」をなくす、もう1つの秘訣は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。