話が長い「あの人」に教えたい!スゴい特効薬

「2つの言葉」と「1つのクセ」をやめてみよう!

りえ:「えー」「あのー」を言わないためには、「それに代わる言葉」を用意しておくんです。「まあ」「それで」「だけど」「さて」などです。

Mさん:「えー」「あのー」を言いたくなったら、そういう「つなぎの言葉」を言えばいいんですね。

りえ:そうです。もともと「えー」「あのー」を言ってしまうのは、言葉がパッと出てこないからなんです。だから、「つなぎの言葉」を用意してそれを使っていれば、そのうち「私は」「みなさんは」などと、主語の単語からきちんと話し始められるようになりますよ。

Mさん:わかりました!「えー」「あのー」を言いそうになったら、「まあ」「それで」「だけど」「さて」など、代わりの「つなぎの言葉」を言うようにします!

ポイント2:「~です」「~ます」で終わらせ、短く話す

りえ:話の「ダラダラ感」をなくす、もうひとつのポイントは、文章をきちんと「です」「ます」で終わらせることです。Mさんの場合は、文章が切れ目なしで続いてしまっているので、「話が長い」という印象を相手に与えてしまうんですよね。

Mさん:確かに、「……で、……なんだけど、……というのもあって、それでさあ……」と、ずっと文章を区切らず、延々と話をするクセがある気がします(苦笑)。

りえ:「話が長い」と思われる人は、そうやって「文章を区切らずに」話をしている人が多いんですよね。

Mさん:それ、学生時代から言われるんです。「お前の話には句読点がない」って(笑)。

りえ:これから話をするときは、仕事でも日常会話でも、できるだけ一文を短く、「~です」「~ます」で終わるよう話すことを、心掛けてみてください。特に人前で説明するときは、やはり「~です」「~ます」できちっと終わることがとても大事です。

Mさん:そういう話し方をすると、きちんとした感じが出て、とても好印象になりますね。試しに、やってみます。

「こちらの空気洗浄器は、従来品との大きな違いが3つほどあります。ひとつめは……」

 

りえ:すばらしいです! 最初とは受ける印象が全然、違います!

Mさん:でも緊張したり焦ったりすると、語尾まで気を使っていられなくって(汗)。

りえ:私も上がり症だからわかります。でもこれにも簡単な「いい方法」があって、一文を短く話す「秘訣」は、一文ごとに口を閉じることです。これをやるときちんと「です、ます」で終わることができるようになるんです。

Mさん:そうすると、余計な「えー」「えっと」も言わなくて済みますね。早速、試してみます!

今日のレッスン「話のダラダラ感をなくす」秘訣

ポイント1 話の冒頭に、つい出る「えー」「あのー」を言わない

ポイント2 話を「~です」「~ます」で終わらせ、一文を短く話す

魚住りえの「話し方講座」第2回目、いかがでしたか? 

この講座では「話し方のお悩み」を持っている方からのご相談を受け付けています。ぜひこちらにお寄せください。

この連載の一覧はこちら

第3回目は「電話の受け答え」です。「電話トーク」って、難しいですよね。

電話の受け答えから込み入った話まで、「電話の会話」でいい印象を持ってもらえる意外なポイントをお教えします!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。