日本はそろそろ就活を「通年化」するべきだ!

今回の「就活後ろ倒し」も中途半端?

ただ、企業だけでなく学生側も、超短期決戦の就職活動(公式的には)には戸惑いがあるようです。これまでは半年ほどあった選考期間がたったの2カ月に短縮されるのです。全国求人情報協会の調査によると、昨年度の大学生は企業に対して応募数57.7社、企業説明会参加24.3社、書類選考19.3社、面接12.2社で内定を確保しました。幅広い企業の採用に挑戦して可能性を探ることができたともいえます。ただ、機会均等の原則の名のもとで、興味本位のエントリーが横行し、人気企業をさらに狭き門にするといった問題になっていたのも事実。ところが、今年からのように就活の期間が短くなれば、応募自体はできても説明会や面接に参加する機会を減らさなければなりません。

・内定する可能性がある応募先へのエントリーに絞る

・会社・業界研究に時間をかける

など、手堅い会社選びが行われることになります。そこで、学生は解禁日までに中堅企業でいったん内定を確保して、解禁後に大企業の選考で勝負をかける二段構えの戦略を取ることになります。はたして、中堅企業で手堅く内定を確保した学生たちはその後、大企業の内定を取ることができるのでしょうか?

大企業の採用数は今、増加傾向にあります。採用スタンスは「採用予定人数の確保よりも、学生の質を優先させる」という企業が全体の83.6%と依然大勢を占めものの、一方で「学生の質よりも、採用予定人数の確保を優先させる」企業がリーマン・ショック前の数値を上回っています(ディスコ調べ)。こうしたデータからも人材獲得競争が過熱している様子がわかります。

おそらく、多くの学生が解禁後の就活で内定した会社に入社。解禁前に手堅く内定を確保した会社を辞退する学生が相当数になるのは間違いないでしょう。

だとすれば、中堅企業が春先に先行して採用活動する意味はあるのか?春をあきらめて、秋採用、あるいは先行時期を定めない「通年採用」する中堅企業が今後増える気がしてなりません。

通年採用は救いの手となるか

以前、秋採用を推奨する記事を書きましたが、秋だけと時期を限定することがナンセンスな時代にもなってきた気がします。すでに、通年採用に取り組む企業が増えています。

例えば、楽天。開発職の採用において新卒採用の枠組みを廃止し、新卒・中途採用の通年採用を開始しています。新卒の秋採用枠を拡大して留学生や海外の学生も応募しやすい環境を整えていたものの、入社希望者の年齢や職務経験、入社時期を限定して募集・選考する採用方法は不要であると考え、通年採用へ変更しています。

ユニクロ、バンダイナムコなど、通年採用を開始する企業はいま多数にのぼっています。対象は留学生、エンジニアから始まり、全学生へと広がり始めています。ただし、取り組んでいる大半は大企業。一年中採用活動をするために、通年でそのための人材を社内で配置する必要があるからです。その余力があるのはやはり人員に比較的ゆとりのある大企業です。

ただ、中堅企業ではそれは無理でしょうか。本気で優秀な人材を採用したいなら、今の枠組みで大企業に挑んで無駄なコストをかけるより、通年採用で門戸を広げることで、よりよいマッチングにつながる可能性が高まるのは間違いありません。一年中採用の門戸が開かれていれば、学業にゆっくり専念できる学生が増える可能性もあります。今回の就活の後ろ倒しが、採用時期をより長くし、企業と学生がよりよく出会えるようになる、ひとつのきっかけになってほしいものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング