味の素ギョーザをヒットさせた「主婦の発想」

ビッグデータでは見えない重大な気づき

あのギョーザに隠された大ヒットの裏側とは(写真 :セーラム / PIXTA)

前回記事では吉野家を取り上げましたが、こうした「外食」でも自宅における「内食」でもない、「中食」(なかしょく)市場の成長が止まりません。

「中食」市場が伸びている

具体的には、スーパーやコンビニなど売られている惣菜、弁当、冷凍食品、レトルト食品、インスタント食品などを指します。各市場の規模を見てみると、外食が約24兆円内食が約34兆円。これに対し中食が約8兆円と規模的にはまだ小さいですが、成長率では群を抜いています。

なぜ中食市場だけが著しい成長を遂げているのか、正確な因果関係は明確になっていないものの、筆者が行った調査では「女性の社会進出(共働き)」や「家事の省力化」、「個食・孤食化」「電子調理器具の普及」「高齢化」などの理由が上位に挙がってきます。

この市場の成長性に目をつけ、多くの企業がこぞって参入をしています。ナショナルブランドだけでなく、セブンプレミアムを代表格とするプライベートブランドも中食の新商品を次々と出しています。今、中食市場はまさに競争が過熱し、過当競争にもなりかねないレッドオーシャンになりつつあります。

こうした市場環境では、ちょっとした目新しさだけでは消費者は目もくれません。消費者から見て「決定的に違いが明らかで、消費者の深層心理に応える」商品を開発する必要があります。ここで大きな役割を果たすのが、前回記事でもご紹介した行動観察という手法です。消費者の行動を観察し、彼らの本当のニーズを探り当てることを目的とするものです。

今回は、その一例を紹介します。

次ページ単体で年商100億円を超える“お化け商品”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT