強烈インパクト!この食べ物の正体とは?

原宿「カワイイモンスターカフェ」の挑戦

画像を拡大
こちらが見た目のインパクトが強力な「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」(2300円)。看板メニューだ。

看板メニューである「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」は、「ポイズン=毒」などと食品にあるまじき名称がつけられているが、これも増田さんのあえてのセレクトだ。

「子どもの頃は毒々しい色のグミとかよく食べましたよね。このカフェでは、子どもの心に戻ってほしいなと思っています」

かき氷のシロップや喫茶店のメロンクリームソーダのように、いかにも舌に色がついてしまいそうにみえるが、「5秒で消えます」(増田さん)。

メニューの拡充も計画中だ。増田さんは次のように言う。「そのほか、私がニューヨークなど世界のさまざまな場所で見つけたおいしいものを提供したいと思います。今はこういう見た目が変わったものをそろえていますが、普通の食べ物も出して行く予定です」。

「オリンピックを視野に、東京の新名所へ」

意識されているのは外国人への対応だ。メニューにはカフェとしては珍しい「ライスロール(巻き寿司)」が載っており、使ったはしがもらえるサービスもある。またモンスターガールをはじめ、店舗スタッフにも英語、中国語、韓国語などの外国語が話せる人材を起用している。見据えているのは東京で行われる2020年のオリンピック・パラリンピックだ。「オリンピックを視野に、東京の新名所となってほしいと思っている」(松村社長)。

ダイヤモンドダイニングは、東京で行われるビッグイベントを前にして、海外からの観光客増加が見込まれる原宿エリアで、大きな勝負に出たわけだ。その意気込みを表すように、これまで同社が手掛けてきたエンターテインメント系レストランのなかでも、ひときわ力の入った店舗となっている。「うまく行けばラスベガス店、ニューヨーク店と夢はふくらみます」(松村社長)と語るように、オリンピックをチャンスに、世界展開の野望もあるようだ。同社のグループ会社がすでにシンガポール、ハワイなどに6つのブランドでレストランを展開しており、この野望は決して絵空事ではない。

原宿が発展してきたのも、1964年の東京オリンピックが大きなきっかけ。今話題の、代々木競技場が近隣にあるためだ。その歴史を考えると、今回のダイヤモンドダイニングの挑戦は理にかなっているのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。