強烈インパクト!この食べ物の正体とは?

原宿「カワイイモンスターカフェ」の挑戦

いったいこの食べ物は何??

1960年代から若者の街として、流行を発信し続けている原宿。ファッションはもちろんであるが、海外発のパンケーキが代表的なように、特にスイーツではやるものといったら、原宿から始まるのが常だ。流行のスイーツ店にできる長い行列は、原宿でよく見られる光景と言える。ただ、新しくできては消えと、店舗の入れ替わりが激しいのも、このエリアの特徴だ。

海外へ目を向けた新戦略カフェが原宿に誕生

店舗のコンセプト、内装、メニュー、スタッフの制服までを全面的にプロデュースした、アーティストの増田セバスチャン氏(左)。右の松井厚久社長も派手なファッションだが、「自前」とのこと。

そんな街に8月1日、またひとつカフェが誕生した。「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」だ。経営はエンターテインメント色の強いレストランチェーンを展開する、ダイヤモンドダイニング。同社はこの7月に東証第一部に上場し、「300業態1000店舗」を目指して、ハイスピードで次々と新店舗をオープンしている。

ただ、今回はこれまでの店とかなり趣が異なっている。ひとつは、店舗のコンセプト、内装、メニュー、スタッフの制服まで、全面的にアーティストの増田セバスチャンさんがプロデュースしていることだ。

増田セバスチャンさんは、1990年代から原宿をメインとした「カワイイカルチャー」を発信しているアーティスト。きゃりーぱみゅぱみゅさんのミュージックビデオやステージの美術でブレイクし、ニューヨークやマイアミでも個展を開くなど、世界的に活動している。その増田さんを起用したことからも、海外へと目を向けたダイヤモンドダイニングの新たな戦略が窺える。

次ページいったいどんなお店なのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。